このページの本文へ

“モエコン”誕生から1周年! 第7弾は美少女ゲーム「ななついろ★ドロップス」の“秋姫すもも”を起用!

2006年10月13日 23時11分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DECOREのオリジナルPC“モエコン”の第7弾“モエコン ver.UNiSONSHIFTななついろカスタム”が今月末に発売予定だ。今回はUNiSONSHIFTの美少女ゲーム「ななついろ★ドロップス」のキャラクタを起用している。

MOE-UN2N21-A42/MOE-UN2D11-M74
“モエコン”の第7弾となる“モエコン ver.UNiSONSHIFTななついろカスタム”。写真はAthlon64 X2 4200+搭載モデルの「MOE-UN2N21-A42」とPentium M 740搭載モデルの「MOE-UN2D11-M74」
MOE-UN2K21-S33
Sempron 3300+搭載モデル「MOE-UN2K21-S33」は、フロントパネルと絵柄が違う

 恋愛初心者どきどきアドベンチャーゲーム「ななついろ★ドロップス」は、夜になると羊のぬいぐるみに変身してしまう主人公と、元に戻れる手段を持つ同級生の“秋姫すもも”や、新しいクラスメイトたちとの不思議な初恋物語。キャラクタデザインは「灼眼のシャナ」や「涼宮ハルヒの憂鬱」などで有名な女性イラストレータの“いとうのいぢ”さんが担当している。ヒロイン“秋姫すもも”との切なさ大爆発のストーリーに感涙したプレーヤーが続出するなど非常に評判が良い作品だ。本製品は、そんな“秋姫すもも”ちゃんが本体のいたるところに描かれているということで“すもも”ファンには見逃せない、というより買わないと羊のぬいぐるみにされてもおかしくないほどのコレクターズアイテムとなっている。フロントのドライブベゼルまで塗装されているという作り込みようも従来シリーズ同様健在だ。ラインナップは3モデル用意されており、全モデル共通でメモリは512MB、HDDは250GB搭載する。現在予約を受け付けているクレバリー1号店では「Athlon64 X2 4200+」搭載モデルと「Pentium M 740」搭載モデルが13万8000円、「Sempron 3300+」搭載モデルが9万4800円。気になる発売日は27日予定となっている。

左側面 右側面
左側面右側面
正面 天面
正面天面
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ