このページの本文へ

東芝、エントリーユーザー向けのHDD&DVDレコーダー『VARDIA RD-E300』など2機種を発売

2006年09月28日 22時18分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)東芝は28日、HDD&DVDレコーダー“VARDIA(ヴァルディア)”の新製品として、デジタルハイビジョンチューナーを搭載し、基本操作に機能を絞った子リモコンや、メニュー画面にそって操作すればダビングを行なえる機能などを搭載したエントリーユーザー向けの『VARDIA RD-E300』を11月上旬に、VTR一体型の『VARDIA RD-W300』を11中旬に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は、『VARDIA RD-E300』が9万円前後、『VARDIA RD-W300』が11万円前後。

RD-E300
『VARDIA RD-E300』

『VARDIA RD-E300』は、300GBのHDDを内蔵し、デジタル放送と地上アナログ放送をの同時録画が行なえる“デジアナW録”に対応したほか、録る/見る/残す/消すの操作を容易にする“スタートメニュー”を搭載した“シンプルリモコン”を採用したのが特徴。初めて使うときに初期設定を行なう“はじめての設定”などの機能も搭載されている。ワイド画面に対応した操作画面“ワイドGUI”と画像処理エンジン“RDエンジンHD”も強化されており、新機能として、タテ型表示にも切り替えられる電子番組表や、放送の受信中に画面下部に番組表などを表示できる“見ながら番組選択”、リモコンの専用ボタンを押せば自動で本編を集めたプレイリストを作成して再生する“おまかせプレイ”なども搭載されている。

そのほか、HDMI端子を搭載し、D3/D4へのアップコンバート機能も用意されている。記録メディアはHDD、DVD-RAM、DVD-R/-R DL/-RW。本体サイズは幅430×奥行き347×高さ67mm、重量は5.6kg。

 RD-W300
『VARDIA RD-W300』

『VARDIA RD-W300』は、HDD&DVDレコーダー機能に加え、VTRを内蔵した一体型モデル。本体サイズは幅430×奥行き396×高さ99mm、重量は9.06kgとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン