このページの本文へ

ソニー、液晶テレビ“ブラビア”のスタンダードモデルに20V型の『KDL-20S2500』を追加

2006年09月25日 16時03分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は25日、液晶テレビ“ブラビア”の新製品として、20Vインチ(型)の『KDL-20S2500』を追加すると発表した。これはスタンダードモデル“S2500”シリーズのモデルで、11月10日に発売する。価格はオープン。市場想定価格は13万円前後。

『KDL-20S2500』
『KDL-20S2500』

『KDL-20S2500』は、解像度が1366×768画素(16:9)の地上/BS/110度CSデジタル対応液晶テレビ。高画質化回路“ブラビアエンジン”を採用し、映像の明暗を検知して明るさを自動制御する“アドバンスト・コントラストエンハンサー”を搭載するのが特徴。上位機種の広色域バックライトシステム“ライブカラークリエーション”は搭載されていない。入力端子は、D4×2、S2×2、コンポジットビデオ×3、アナログRGB(ミニD-sub15ピン)、光デジタル音声出力などを装備する。本体サイズは幅499×奥行き209×高さ406mm、重量は7.9kg(スタンド込み)。消費電力は82W(待機時0.5W)。なお、液晶パネルは“ソニーパネル”ではないが、保証期間は従来の1年間から2年間に延長されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン