このページの本文へ

NTTドコモ、未発表のFOMA903iに先駆け大容量ゲームアプリを発表

2006年09月15日 23時20分更新

文● 編集部 橋本優

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)エヌ・ティ・ティ・ドコモは15日、次期FOMA携帯電話機“903i”シリーズ”で対応する、大容量iアプリゲーム“メガゲーム”についての発表会を、東京・青山の青山ベルコモンズで開催した。903iシリーズは未発表で、それに先駆けて対応ゲームを発表することはきわめて異例のこと。

メガゲームロゴ
“メガゲーム”のロゴ

メガゲームは、iアプリのプログラム領域を最大1MBまでに拡張した“メガiアプリ”(903iシリーズで実装される機能)として動作するゲームコンテンツ。従来のFOMAはプログラム領域として利用できる本体メモリーは100KB、データ保存領域は400KBと固定だった。しかしメガiアプリではプログラム領域とデータ保存領域を、1MBの範囲内でゲーム開発者が自由に設定でき、さらにデータ保存領域は外部メモリーカードを指定できるようになった。これにより高解像度のグラフィックスや高音質のサウンドに加え、ボイスや効果音、ムービーといった効果要素も付加できるという。

ちなみに画面解像度は、メガゲームでも従来の90Xiと同じQVGAだが、たとえば(株)カプコンの“バイオハザード”の場合、90Xiシリーズ版では容量の制限から1/4のサイズ(80×60ドット)のものを拡大して表示していたという。しかしメガゲーム版ではリアル解像度で表示でき、より綺麗なグラフィックを堪能できるという。

さらに903iシリーズはグラフィック性能もアップしており、900iシリーズと比較して2Dで5倍、901iシリーズと比較して3Dで3倍の描画速度を実現しているという。

山口 善輝氏
NTTドコモ コンテンツ&カスタマ部 コンテンツ担当部長の山口 善輝氏
iモードのゲームコンテンツ売り上げ高の推移グラフ
iモードのゲームコンテンツ売り上げ高の推移グラフ

発表会では同社コンテンツ&カスタマ部 コンテンツ担当部長の山口 善輝氏がiモードゲームについての近況を報告した。同氏によると、iモードにおいてゲームジャンルをマイメニュー登録しているユーザーは約1300万人に上り、その情報料の月額売り上げ高の合計は36億円にもなるという。このようにケータイゲームを楽しむ環境が整い、多くのユーザーがゲームを楽しんでいることを受け、メガゲームの提供を決断したという。

現在、メガゲームズ対応ゲームとして、16タイトルが予定されている。そのうち903iの発売に合わせて提供されるゲームコンテンツは5タイトルとなる。以下は、今回発表されたタイトルと提供開始のスケジュールとなる。

903i発売と同時に配信
ストリートファイター ZERO((株)カプコン、月額315円)
モンスターハンター((株)カプコン、月額315円)
ソニック・ザ・ヘッジホッグ2((株)セガ、月額315円)
鉄拳2((株)バンダイナムコゲームス、月額315円)
機動戦士ガンダム SEED 鳴動の宇宙(バンダイネットワーク(株)、料金未定)

2006年11月配信予定
かまいたちの夜×3 三日月島事件の真相((株)ドワンゴ、月額315円)

2006年12月配信予定
首都高バトル EVOLUTION 2(元気モバイル(株)、月額525円)
モバイル・パワフルプロ野球MEGA(仮称、(株)コナミデジタルエンタテインメント、月額315円)
サクラ対戦((株)セガ、月額315円)
ケータイデEXIT((株)タイトー、料金未定)
風来のシレンMEGA((株)ドワンゴ、個別課金525円)

今冬発売予定
BOMBERMAN ActZero MOBILE Type(仮称、(株)ハドソン、月額315円)

提供時期未定
バイオハザード エピソード((株)カプコン、料金未定)
デビル メイ クライ(仮称、(株)カプコン、料金未定)
DIRGE of CERBERUS LOST EPISODE -FINAL FANTASY VII-((株)スクウェア・エニックス、料金未定)
桃太郎電鉄JAPAN 豪華版((株)ハドソン、料金未定)

発表会場ではいくつかのタイトルが展示され、試遊できるようになっていた。

機動戦士ガンダム SEED 鳴動の宇宙 鉄拳2
アニメ版と同じ豪華声優のボイスがゲーム中に流れる“機動戦士ガンダム SEED 鳴動の宇宙”格闘ゲームの“鉄拳2”。操作には数字キーも使用する
バイオハザード エピソード DIRGE of CERBERUS LOST EPISODE -FINAL FANTASY VII-
ホラーアクションゲーム“バイオハザード エピソード”ファイナルファンタジーシリーズの外伝的なアクションシューティング“DIRGE of CERBERUS LOST EPISODE -FINAL FANTASY VII-”

なお、9月22日から幕張メッセで開催される“TOKYO GAME SHOW 2006”において、これらのゲームの試遊台を設け、実際にプレイできるようにするという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン