このページの本文へ

プラネックスコミュニケーションズ、米BitTorrentとライセンス契約――搭載ルーターを発売

2006年09月04日 22時37分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は4日、米ビットトレント(BitTorrent)が開発したP2Pファイル交換ネットワークプロトコル“BitTorrent”のライセンス契約を締結したと発表した。同時に、BitTorrentプロトコルを搭載したネットワーク機器として“ダウンロードルータ”2機種を発売する。ラインアップは、無線対応の『BRC-W14VG-BT』と有線対応の『BRC-14VG-BT』の2機種で、価格はオープン。

先行販売をAmazon.co.jp内のブランドショップで開始しており、販売価格は、『BRC-W14VG-BT』が2万1800円、『BRC-14VG-BT』が1万8800円。

『BRC-W14VG-BT』 『BRC-14VG-BT』
『BRC-W14VG-BT』『BRC-14VG-BT』

同社の“ダウンロードルータ”は、ウェブブラウザーを利用してダウンロード設定を行なうことで、パソコンの電源が入っていなくてもルーターにUSB接続したHDDにファイルをダウンロードできるほか、BitTorrentを利用することにより、回線が高速でなくても巨大なファイルをダウンロードできるのが特徴。USB接続したHDDはネットワークドライブしても利用できる。

『BRC-W14VG-BT』は、無線LAN(IEEE 802.11g/b)に対応し、高速化技術“Super G”と長距離化技術“XR”をサポートしたモデル。冗長化(VRRP)やIPv6ブリッジ、VPNパススルー(IPsec/PPTP)、VPNゲートウェイ(IPsecが最大50セッション、PPTPが最大32セッション)などにも対応している。セキュリティー機能は、SPI、不正アクセス検出、パケットフィルタリング、152bit/128bit/64bit WEP、WPA(TKIP/AES、IEEE 802.1x/PSK)などをサポートする。

インターフェースは、10/100BASE-TX×5(WAN×1、LAN×4)、USB 2.0×2を搭載する。電源はACアダプター(DC5V出力)を利用し、消費電力は最大9.0W。本体サイズは幅30×奥行き150×高さ200mm(アンテナを除く)、重量は522g。対応OSは、WindowsXP/2000/Me/98 SE/98、Mac OS 8/9、Mac OS X、Liunxに対応しているが、NAS機能はWindowsのみ、USBプリントサーバー機能はWindows XP/2000のみに対応。

『BRC-14VG-BT』は有線専用モデルで、無線LAN機能以外の基本仕様はほぼ同じだが、消費電力は最大8.3W、本体重量は504gとなる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン