このページの本文へ

液晶モニタの上には物が置けなくて不便とお嘆きの方へ! 液晶モニタ上部を有効活用するスタンドがサンコーから登場!

2006年08月12日 00時00分更新

文● 北村

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 液晶モニタの上部を有効活用するモニタスタンド「TFT-LCD MONITOR STAND」がサンコーから登場した。CRTの場合は、モニタの上に時計を置いたり、ちょっとした小物を置いたりできるが、液晶モニタでは厚みが薄すぎてモニタの上に物を置くことができない。そんな不満を解消するナイスなアイテムがこの製品だ。

「TFT-LCD MONITOR STAND ベースモデル」 「TFT-LCD MONITOR STAND クランプモデル」
液晶モニタの上部を有効活用するモニタスタンド「TFT-LCD MONITOR STAND」。写真はモニタの重さを利用して製品を固定するベースモデルだこちらは机の天板に挟んでポールを固定するクランプモデル。両製品とも耐加重は7kgまで

 CDなどを一時的に置くのに重宝したモニタ上部のスペースが、液晶モニタに買い換えたらなくなってしまい、不便と感じるWindows 95世代の人は多いはずだ。本製品を取り付けると、大きさが410(D)×370(D)mmのプレートをモニタ上部に設置できるため、CRT感覚で小物を置くことができる。また、付属のCDホルダーを取り付ければ、CDケースに入れたまま19枚のCDを設置可能だ。プレートには、A4のプリンタ用紙が約50枚収まるトレイが用意されており、印刷が必要な時にサッとトレイを開けて用紙を取り出せるようになっている。また、プリンタを使わない場合は、トレイを小物入れとしても活用できる。
 対応モニタは15~21インチまでで、ポールの高さを、ボタンを押しながらポールをスライドさせることで39~49cmまで変更可能。製品は、机の天板に挟んでポールを固定するクランプモデルと、モニタの重さを利用して本製品を固定するベースモデルの2種類がラインナップされており、どちらも耐加重は7kgまで。カラーはホワイトのみで、価格はクランプモデル、ベースモデル共にサンコーレアモノショップで2480円となっている。

トレイ ポールの高さ調整
プレートには、A4のプリンタ用紙が約50枚収まるトレイが用意されている。プリンタを使わない場合は小物入れとしても活用できるポールの高さは、バネ式のボタンを押しながらスライドさせることで39~49cmまで変更可能だ
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ