このページの本文へ

iPodのCMでブレイクした“ライノセラス”はMac好きだった!

2006年08月02日 04時34分更新

文● 編集部 広田稔

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

無数のアルバムジャケットが次々iPod nanoに吸い込まれていく映像といえば、ご存知iPod + iTunesのCMだ。エレクトリカル・ロックユニット“rinôçérôse(ライノセラス)”は、このBGMに“Cubicle(キュービクル)”が使われたことがきっかけで、日本でも話題を呼んでいる。

Apple Store Ginzaは1日、彼らの中心メンバーであるジャン=フィリップ氏とパトゥさんを迎えてトークイベントを開催した。このイベント会場で彼らを取材し、MacやiPodの関わりをうかがった。

ライノセラス
Apple Store Ginzaで開催された“(ライノセラス)”のトークイベント。右がジャン=フィリップ氏、左がパトゥさん
rinôçérôse(ライノセラス)
1995年に結成されたエレクトリカル・ロックユニット。バンド名は精神病患者が描いた絵のタイトルから取ったもの。7月末には初来日を果たし、“FUJI ROCK FESTIVAL'06”に出演した。ジャン=フィリップ氏とパトゥさんは、ミュージシャンと社会心理学者の“2足のわらじ”をはくという生活を送る。
PowerBook G4を操作
パトゥさんはトークイベント中もPowerBook G4を操作していた

ライノセラスのうち、パトゥさんは『Macintosh Classic』からのベテランMacユーザーとのこと。「今は全部でMacを5台持っていて、メインのPowerBook G4はインターネット用、PowerMac G4は作曲用。Mac以外は使いません」と語る。

さらにパトゥさんからは「ホントは今すぐ新しいMacに変えたいと思っているけど、買うなら来週以降にしようかな」という“WWDC待ち”を意味する驚きのコメントも飛び出した。

通訳の方によれば、Apple Store Ginzaに入ってきた際もパトゥさんは1階のフロアを見て「まだ欲しいものがあるんだよ」と興奮していたそうだ。

一方のジャン=フィリップ氏は「コンピューターについては僕よりもパトゥの方が詳しいんだよ。彼女のMacは私のMacでもあるし(笑)」と、あまり得意ではないようだ。

ジャン=フィリップ氏によれば、iPodのCMで一躍注目を集めたあとは「音楽業界の方から尊敬されるようになった」という。もちろんiPodも持っているそうで、パトゥさんは「『iPod nano』を使っています。でもCMに採用される前から持っていましたよ」と笑顔で話した。



イントロ風景 クイズの景品
トークイベントでは、観客参加のイントロクイズも行なわれたクイズの景品としてユニット名入りタオルやTシャツが配られた
CMも上演した nanoを目に
彼らの曲が使われたiPod + iTunesのCMも上演iPod nanoを“目”にワンショット


カテゴリートップへ

Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中