このページの本文へ

TDP35W版のSempronシリーズ最下位モデルとなる「Sempron 3000+」が発売

2006年07月26日 23時09分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 Socket AM2対応TDP35Wの低電圧版Sempronシリーズにクロック周波数1.6GHzの「Sempron 3000+」が加わっている。本日入荷を確認したクレバリー1号店では、価格1万1518円で販売中だ。

Sempron 3000+
「クロック周波数1.6GHz、L2キャッシュ256KBのSocket AM2対応CPU「Sempron 3000+」
Sempron 3000+
OPNは“SDD3000IAA3CN”。TDP35W版のSempronシリーズでは、最下位モデルとなる製品

 「Sempron 3000+」はクロック周波数1.6GHz、L2キャッシュ256KBのSocket AM2対応CPU。OPNは“SDD3000IAA3CN”。TDP35W版のSempronシリーズでは、最下位モデルとなる製品だ。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ