このページの本文へ

IEEE 1394&USB 2.0両対応の低価格な3.5インチ外付けHDDケースがDECAから発売に

2006年07月14日 22時44分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 DECAからIEEE 1394&USB 2.0両対応の3.5インチ外付けHDDケース「DHC-350UFC」が発売となった。特徴はなんと言ってもその安さで、2つの接続インターフェイスを搭載しながらも3000円台後半で購入が可能だ。

DHC-350UFC 側面フィン
IEEE 1394&USB 2.0両対応の3.5インチ外付けHDDケース「DHC-350UFC」側面には放熱用のフィンが用意されている

 装着可能なHDDはIDE接続の3.5インチモデル。インターフェイスはUSB 2.0×1、IEEE1394×2となっており、付属のACアダプタにより給電を行なう。本体はアルミ製で、天板の四隅を手回しネジで固定しているだけなので、HDDの取り出しなども簡単だ。サイズは140(W)×235(D)×42(H)mm。対応OSはWindows XP/2000/Me/98SE、MacOS 8.6以降、Linuxなど。価格はテクノハウス東映で3780円、BLESS秋葉原本店で3880円、T-ZONE.PC DIY SHOPで3980円のほかスリートップ2号店でも販売予定となっている。

内部 インターフェイス部分
装着可能なHDDはIDE接続の3.5インチモデル。底面部分にも通気口が用意されており、排熱に気をつかっているインターフェイスはUSB 2.0×1、IEEE1394×2となっており、付属のACアダプタにより給電を行なう。電源スイッチも装備している
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ