このページの本文へ

ソニー、ブルーレイディスク制作の総合サービスを開始

2006年07月12日 17時04分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニー(株)は12日、“ブルーレイディスク(BD:Blu-ray Disc)”の映像ソフトの制作需要が増大することに備え、ハイディフィニション(HD)での撮影/編集からオーサリング、ディスクの量産/パッケージングまで一貫して受注/提供できる体制を整え、総合サービスとして提供を開始すると発表した。

制作スタジオと生産ラインのイメージ
左がソニーPCLの“BDオーサリングスタジオ(プレビュールーム)”、右はソニー・ミュージックマニュファクチュアリングの“BD-ROM”生産ライン

映像ソフト制作の総合サービスについては、ソニーPCL(株)がBD専用オーサリングスタジオを新設し、同日より“BD-ROM”規格に準拠したオーサリング業務を開始した。高品位マスター制作やメニュー/字幕制作も含む映像技術サービスのほか、ケース/ジャケットなどのアクセサリーの制作/管理なども行なう。映像系ソフトはソニーPCLが、音楽系ソフトは(株)ソニー・ミュージックコミュニケーションズが受注窓口となる。

ディスクの量産については、(株)ソニー・ミュージックマニュファクチュアリング(SMM)静岡が行なう。著作権保護規格AACS(Advanced Access Content System)準拠の国内/海外向け映画ソフトや、評価用ディスクの生産を開始。また、現行のシート貼付によるディスク表面/カバー層形成を、年末までにすべてスピンコートへ移行し、コスト低減と生産効率の向上を図るという。生産規模は、当初月産30万枚で、秋までに月産250万枚へ増強する。これにより、年末までには米国(月産500万枚)、欧州(月産250万枚)と合わせて、ソニーグループ内の製造拠点で月産1000万枚(プレイステーション3向けゲームソフトを含む)の生産体制を構築する予定としている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン