このページの本文へ

クリエイティブメディア、ポータブルメディアプレーヤー『Creative ZEN VISION:M 30GB SD』など2製品を発売

2006年05月17日 16時14分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

クリエイティブメディア(株)は17日、30GBのHDDを内蔵したポータブルメディアプレーヤー『Creative ZEN VISION:M 30GB SD』2モデルと、フルレンジスピーカー『Creative GigaWorks T20』を発売すると発表した。価格はオープン。ZEN VISION:M 30GB SDの先行予約販売を同日付けで開始する。GigaWorks T20は6月上旬に発売の予定。

Creative ZEN VISION:M 30GB SD
『Creative ZEN VISION:M 30GB SD』(左が『ZN-VM30G-BK』、右が『ZN-VM30G-WT』)

『Creative ZEN VISION:M 30GB SD(クリエイティブ ゼン ビジョン:エム 30ギガバイト エス ディー)』は、2005年12月に発表した『Creative ZEN VISION:M 30GB(クリエイティブ ゼン ビジョン:エム 30ギガバイト)』に付属するACアダプターを別売とすることで低価格化を図ったモデル。ブラックモデル『ZN-VM30G-BK』とホワイトモデル『ZN-VM30G-WT』をラインアップする。直販サイト“クリエイティブオンラインショップ”では3万7800円で販売する。

基本機能は従来モデルと同等で、2.5インチ液晶ディスプレー(320×240画素/26万2144色表示/バックライト付き)を内蔵し、動画再生、静止画表示、音楽再生、FM放送の聴取/録音、音声録音などが行なえる。ファイル形式は、動画がWMV、MPEG-4、DivX 4/5、XviD、MEPG-2/-1、Motion JPEG、静止画が最大800万画素、音楽がMP3、WMA、WAVに対応している。30GBのHDDに約120時間ぶん(MPEG-4 SP/500kbps)の動画、または数万枚ぶんの静止画、約1万5000曲(WMA/64kbps)の音楽ファイル、約960時間ぶんの音声を収録できる。

電源は内蔵リチウムイオンバッテリーで、最大約4時間の動画再生、最大約14時間の音楽再生などが可能。インターフェースはUSB 2.0/1.1に対応する。本体サイズは幅62×奥行き19×高さ104mm、重量は約166g(内蔵バッテリー込み)。対応OSはWindows XP SP1以降/XP x64 Editionで、Windows Media Player 10が必要。対応機種はPentium II-350MHz以上を搭載したPC/AT互換機。

GigaWorks T20
『Creative GigaWorks T20』

『Creative GigaWorks T20(クリエイティブ ギガワークス ティー20)』(GW-T20)は、グラスファイバーコーンを採用した2.5インチ径の中低音域ドライバーと1インチ径の布製ドームツィーターを搭載したフルレンジステレオスピーカー。低音域を明瞭に再生するために、スピーカー内部から音場への音波の流れを作り出すように音響学的にデザインされた“BasXPort”も採用されている。フロントパネルにはデジタルオーディオプレーヤーを接続可能なAUX入力端子も用意されている。周波数特性は50~20kHz。S/N比は80dB。出力は14W RMS×2。本体サイズは幅83×奥行き138×高さ230mm、重量は約1kg(1台あたり)。電源は専用ACアダプターを利用する。ステレオラインケーブル(両端ミニプラグ、長さ2m)、AUX入力用ステレオラインケーブル(両端ミニプラグ、長さ0.5m)、RCAピンジャック-ステレオミニプラグ変換アダプター(家庭用ゲーム機用)が付属する。“クリエイティブオンラインショップ”では1万2800円で販売する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン