このページの本文へ

DDS、指紋登録率が100%のUSBメモリー型指紋認証ユニット『UBF-mini』を発売

2006年04月20日 23時26分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ディー・ディー・エスは20日、USBメモリー型指紋認証ユニット『UBF-mini』の出荷を6月15日に開始すると発表した。SI事業者などの販売代理店経由で販売する。

『UBF-mini』
『UBF-mini』

『UBF-mini』は、認証アルゴリズムに指紋の凹凸を波形データに変換して照合する独自の“周波数解析法”を採用することで、指紋登録率を高めたのが特徴。指紋紋様パターンをスライスした断面を波形と見なし、波形スペクトル系列を特徴情報として利用するため、指の乾燥や手荒れなどの影響を受けないとしており、同社では指紋登録率が100%としている。他人受け入れ率(FAR)は0.001%以下で、本人拒否率(FRR)は0.1%以下。

指紋センサーには 感熱式スイープ型の米Atmel社製“FingerChip”を利用しており、センサー部に指紋のイメージが残らないという。指紋登録や照合を行なうアプリケーションソフトは本体内に搭載され、ユーザーの指紋情報もメモリーの秘匿領域に保存されるため、個人の指紋情報を本人が管理可能。メモリー容量は64MBで、ユーザーエリアは約50MB。インターフェースはUSB 2.0/1.1に対応し、バスパワーで動作する。対応OSはWindows XP/2000。本体サイズは幅26×奥行き12×高さ68mm、重量は24g。搭載アプリケーションの機能は、ログオン認証/スクリーンセーバーロック/指紋データ管理など。

本体価格は2万3000円(税別)。そのほかライセンス料が必要で、“UBF新規ライセンス”は、ユーザー数が1~9の場合、契約期間が1年で1万2000円(税別)、2年で1万4400円(税別)、3年で1万6800円(税別)、4年で1万9200円(税別)、5年で2万1600円(税別)となる。ユーザー数が10~99の場合、契約期間が1年で1万800円(税別)、2年で1万2960円(税別)など(すべて1ユーザーあたりの料金)。ユーザー数が1000以上は別途問い合わせとなる。

同社では初年度6億円の売り上げを目標としているという。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン