このページの本文へ

レノボ・ジャパン、デスクトップパソコン『ThinkCentre M52 Small』に初のデュアルコアCPU搭載モデルを追加

2006年04月11日 19時11分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レノボ・ジャパン(株)は11日、デスクトップパソコン『ThinkCentre M52 Small』の新製品として、デュアルコアCPUのPentium D 930を搭載した2モデルを追加すると発表した。ラインアップは、“CD-ROMドライブ搭載モデル”『8099-K1J』と、“CD-RW&DVDコンボ・ドライブ搭載モデル”『8099-K3J』の2モデルで、直販価格(ダイレクト価格)は『8099-K1J』が13万2300円、『8099-K3J』が13万6500円。同日より出荷する。

『ThinkCentre M52 Small』
『ThinkCentre M52 Small』

ThinkCentre M52 Small』の追加モデルは、Pentium D 930-3GHz、グラフィックス機能を統合した945G Expressチップセット、512MBのメモリー(PC2-4200準拠/DDR2 SDRAM、最大2GB)、80GBのHDD(シリアルATA/150、毎分7200回転)、セキュリティーチップを搭載し、クライアントパソコンのリモート管理技術“インテルアクティブ・マネジメント・テクノロジ(Intel AMT)”に対応しているのが特徴。本体サイズは、幅309×奥行き359×高さ85mm、重量は約8.3kg(最小構成)から8.5kg(最大構成)。OSはWindows XP Professional SP2をプレインストールする。光学ホイールマウス(USB)と109A日本語キーボード“プリファードプロ・フルサイズ・キーボード”(PS/2)が付属する。

併せて、『ThinkCentre M51 Ultra Small』に、HTテクノロジ対応Pentium 4 650-3.4GHz、160GBのHDD、1GB(512MB×2)のメモリーを搭載したハイエンドモデルを追加することも発表した。直販価格(ダイレクト価格)は16万6950円から。Office Personal Edition 2003の初期導入の有無による2モデルをラインアップするほか、17インチ/19インチ液晶ディスプレーをセットにしたモデルも販売する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン