このページの本文へ

シャープ、コントラスト比が1200:1の20Vインチハイビジョン液晶テレビ“AQUOS”『LC-20AX6』を発売

2006年04月03日 15時51分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シャープ(株)は3日、コントラスト比が1200:1で、年間消費電力量を86kWh/年に低減した地上/BS/110度CSデジタルハイビジョン液晶テレビ“AQUOS”『LC-20AX6』を21日に発売すると発表した。価格はオープン。編集部による予想販売価格は15万円前後。

『LC-20AX6』
『LC-20AX6』

『LC-20AX6』は、コントラスト比が1200:1で、輝度が500cd/m2、、視野角が上下/左右178度、応答速度が8msのASV高精細ハイビジョン液晶パネル(解像度は1366×768画素)を搭載した、地上/BS/110度CSデジタル対応テレビ。周囲の明るさに応じて輝度を自動調整する“明るさセンサー”や、長寿命設計のバックライト(約6万時間)を採用するなど、省エネ機能を搭載したのが特徴。消費電力は77W(待機時0.08W)で、年間消費電力量は86kWh/年。自動で電源をオフにして消費電力を削減する“オフタイマー”や“無操作電源オフ”、設定した時刻/音量で電源をオンにする“オンタイマー機能”や、音声のみを出力する“サウンドモード”、リモコン/本体の操作をロックする“チャイルドロック機能”なども搭載している。

入出力端子は、D4入力、S2入力、コンポジットビデオ入力×2、i.LINK(TS)×2、デジタル放送録画出力、モニター出力(コンポジットビデオ)×2などを装備するほか、ポータブルオーディオプレーヤー向けの“モバイルオーディオ端子”や、パソコンを接続できる“PC入力端子”(ミニD-Sub15ピン)も用意されている。音声出力は最大5W+5W。本体サイズは幅53.9×奥行き22.4×高さ42.5mm、重量は約9.1kg(テーブルスタンド装着時)。

製品の梱包には段ボールパッケージ(幅35×奥行き33×高さ8cm程度と幅33×奥行き22×高さ8cm程度の2つの固まりに折り畳み可能)を利用し、“J-Moss”(鉛/カドミウムなど6物質を規制する規格)に対応した部材を採用するなど環境面にも配慮したという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン