このページの本文へ

日本HP、HDD非搭載デスクトップパソコン『HP Business Desktop PC dx5150 SF ディスクレスモデル』など2機種を発売

2006年03月02日 16時29分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本ヒューレット・パッカード(株)は2日、HDDを搭載しないデスクトップパソコン“ディスクレスPC”として、『HP Business Desktop(エイチピー ビジネスデスクトップ) PC dx5150 SF ディスクレスモデル』と『HP Compaq Business Desktop(エイチピー コンパック ビジネスデスクトップ) PC dc5100 SF ディスクレスモデル』の2機種を同日付けで発売すると発表した。価格は、dx5150 SFが7万3290円、dc5100 SFが8万8200円。同社の直販と販売代理店経由で販売する。

dx5150 SF
『HP Business Desktop PC dx5150 SF ディスクレスモデル』

“ディスクレスPC”は、米Ardence(アーデンス)社のネットブートシステムに対応し、OSやアプリケーションソフトをネットワーク経由で管理サーバーから起動するのが特徴。ストレージ機能以外は通常のデスクトップパソコンと同じように利用できるほか、OSやアプリケーションソフトを仮想ディスクとして管理サーバーで一元管理できる。起動時にOSやアプリケーションソフトをネットワーク経由で読み込むため、ネットワーク環境(100Mbps以上でGigabit Ethernetを推奨)が整っていれば従来の資産や運用方法をそのまま利用できるという。OSはWindows XPやそれ以前のWindows OS、Linuxなどを最大10個まで設定可能。また、HDDを追加すれば通常のクライアントパソコンとして利用できることから、転用や再配置にも柔軟に対応できるという。

『HP Business Desktop PC dx5150 SF ディスクレスモデル』は、Athlon 64 3200+-2.0GHz、カナダATIテクノロジーズ社のRADEON XPRESS 200チップセット、512MBのメモリー(PC3200)を搭載し、インターフェースは、10/100/1000BASE-T、USB 2.0×8、アナログRGB、DVI-D、シリアル、パラレル、PS/2×2などを装備する。拡張スロット(Low Profile)はPCI Express x16、PCI Express x1、PCI×2を搭載。本体サイズは幅100×奥行き383×高さ338mm、重量は約7.8kg。

『HP Compaq Business Desktop PC dc5100 SF ディスクレスモデル』は、Pentium 4 520-2.80GHz、インテル915GV Expressチップセット、512MBのメモリー(PC2-4200)を搭載し、インターフェースは、10/100/1000BASE-T、USB 2.0×8、アナログRGB、シリアル、パラレル、PS/2×2などを装備する。拡張スロット(Low Profile)はPCI Express x1、PCI×2を搭載。本体サイズは幅100×奥行き379×高さ338mm、重量は約7kg。

同社では、広帯域のネットワーク環境が整備されている大学や小中学校などの教育現場、官公庁/自治体、コールセンターなどに適しているとしている。なお、同社はディスクレスPCのハードウェア部分の保守を担当し、Ardenceシステムの販売とサポートについては、Ardence販売代理店の(株)アディが行なう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン