このページの本文へ

プラネックスコミュニケーションズ、パン/チルト機能を搭載した無線LANネットワークカメラ『CS-WMV02G』を発売

2006年03月01日 20時47分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

プラネックスコミュニケーションズ(株)は1日、有線/無線LANに対応し、デジタルズーム&パン/チルト機能を搭載したネットワークカメラ『CS-WMV02G』を4月中に発売すると発表した。価格はオープン。直販サイト“PLANEX Direct”では3万7800円で販売する。

『CS-WMV02G』
『CS-WMV02G』

『CS-WMV02G』は、1/4インチ30万画素のCMOSイメージセンサーとマイクを搭載し、4倍のデジタルズームや遠隔地からのパン(±175度)/チルト(+90/-35)操作を行なえるネットワークカメラ。解像度は最大640×480画素で、フレームレートは最大で毎秒30フレーム。画像圧縮方式は、動画がMPEG-4、静止画がJPEGを採用する。動体検知機能やアラーム機能も搭載している。画像送出はFTPとメールで行なえ、ダイナミックDNSもサポートする。

インターフェースはIEEE 802.11g/b準拠の無線LANと10/100BASE-TXの有線LANに対応しており、ウェブサーバー機能を内蔵。無線LANのセキュリティー機能は、128bit/64bit WEP、WPA(TKIP/AES、PSK)をサポートする。電源はACアダプター(DC12V)を利用し、消費電力は最大7W。本体サイズは幅109×奥行き103×高さ120mm、重量は約272g。カメラのコントロール/録画/再生/動画フォーマット変換などが行なえる専用ソフトが付属する(Windows XP/2000/Me/98 SE対応)。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン