このページの本文へ

AGP対応版が続々!“RADEON X1600 PRO”搭載のAGP対応ビデオカードが玄人志向からも

2006年01月18日 22時54分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 “RADEON X1600 PRO”搭載のAGP対応ビデオカードが玄人志向からも発売された。やはり基板裏面にPCI Express-AGP変換ブリッジと思われるチップを搭載している製品で、型番は「RX1600PRO-A256H」。

「RX1600PRO-A256H」
“RADEON X1600 PRO”搭載のAGP対応ビデオカード「RX1600PRO-A256H」
基板裏面
基板裏面にPCI Express-AGP変換ブリッジと思われるチップを搭載している

 年明け早々デビューした“RADEON X1000”ファミリのAGP対応ビデオカードだが着々とラインナップが増えている。今回登場した「RX1600PRO-A256H」も、やはり“RADEON X1600 PRO”を搭載するSapphire製AGP版ビデオカード「RADEON X1600 PRO」と似た外観だ。主なスペックはコア/メモリクロックが500MHz/800MHzで搭載メモリはDDR2 256MB。インターフェイスはVGA/DVI/TV-OUT(HDTV対応)という構成で4ピン外部電源ケーブルをはじめ各種ケーブル類が付属する。価格はスリートップ2号店で1万7380円、ツクモパソコン本店IIで1万8780円、クレバリー1号店で1万8873円となっている。

【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ