このページの本文へ

“袋”で冷やすKoolance製水冷パーツに、今度はメモリ用水冷ヘッド「RAM-30-V06」が加わる!

2006年01月14日 21時07分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 冷却液が入った“袋”で冷やすというユニークな冷却方法で知られるKoolance製水冷パーツに、今度はメモリ用水冷ヘッド「RAM-30-V06」が加わった。これ1つで最大2枚までのメモリが冷却可能だ。

RAM-30-V06
Koolance製メモリ用水冷ヘッド「RAM-30-V06」

 同社から発売されている“袋”で冷やす水冷パーツだが、いままでにHDD用水冷ヘッド「HD-50-L06」や“RADEON X800”シリーズほぼ全てに対応するというビデオカード用水冷ヘッド「VID-AT1-V06 X800/850」などが登場済み。今回の「RAM-30-V06」はそのメモリモジュール用の製品となる。
 同社が“Hydra-Pak soft cooler technology”と呼ぶこの冷却方法は水冷ヘッドの軽量化のほか、弾力性があるために熱源にフィットしやすいという利点がある。なお、似たようなメモリ用水冷パーツとしてはドイツの水冷パーツメーカーであるAqua Computerから「ramplex」という製品が発売され話題を呼んだが、こちらは金属性のプレートで挟み込んで冷却するというものだった。対応するメモリはDDR2/DDRなど。販売しているのはUSER'S SIDE本店で、価格は7329円となっている。

上 下
“袋”で冷やすというユニークな冷却方法を今回も採用。6本の透明パイプにより水流の流れが確認できるほか、左右のネジで取り付けの調節をする仕組み
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ