このページの本文へ

レックスマーク、CD-R書き込み機能を持つコンパクトインクジェットプリンター『P450フォトCDバーナープリンタ』を発表

2006年01月10日 11時58分更新

文● 編集部 佐久間康仁

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

レックスマーク インターナショナル(株)は10日、記録型CDドライブを内蔵したハガキ/L版サイズ対応のコンパクトインクジェットプリンター『P450フォトCDバーナープリンター』を今月下旬に発売すると発表した。価格はオープンプライスで、編集部による予想実売価格は2万4800円程度。

『P450フォトCDバーナープリンター』
CDドライブを開いた状態の『P450フォトCDバーナープリンター』

これは米レックスマーク インターナショナル(Lexmark International)社が2005年9月に発表、10月に発売した製品を日本語化したもの。メモリーカードスロットとUSBメモリーの読み書きが可能なUSB端子(PictBridge対応)、2.4インチ液晶ディスプレーを持ち、パソコンを経由せずにデジタルカメラなどで撮影した映像をプレビューしながら選択、印刷実行が行なえるダイレクトプリンター。さらに記録型CDドライブを内蔵しており、CD-Rなどのメディアに記録したJPEG画像を印刷できるほか、メモリーカードの画像をCD-R/RWに書き出すことができる(書き込みのみでCD-RWメディアでも消去は不可)。

なお、内蔵する記録型CDドライブの仕様により、650MB以上の記録メディアであっても最大約250MBまでしか書き込めないという。また、CDラベルプリント機能は持たない。

USBメモリーのデータを読み込んで印刷実行したところ
USBメモリーのデータを読み込んで、グレースケールに変換して印刷実行したところ

本体に簡易画像編集機能を持ち、トリミング/回転/色調整/赤目補正、およびセピア/グレースケール化などのレタッチを行ない、その結果を印刷することもできる(レタッチは印刷データに対してのみ行なわれ、レタッチした結果をファイルに保存することはできない)。

使用するインクはCMYの3色を使う“#33”(パッケージに1つ同梱)、もしくは大容量の“#35”(別売)で、印刷解像度は最大4800×1200dpi(インク滴は最小3pl)。対応用紙サイズはL版/ハガキ/A4/4×6の4タイプ(4辺フチなし印刷も可能)で、給紙枚数は約25枚。対応するメモリーカードは、CF Type II/SD/MMC/スマートメディア/メモリースティック(PRO対応)/xDピクチャーカード(およびアダプター経由でminiSDやメモリースティックDuo/PRO Duoにも対応)となる。

カバーを開いた状態 本体にドッキングするACアダプター
カバーを開いた状態。インクタンクはCMYの3色が一体化した#33が標準貼付されている本体にドッキングするACアダプター

さらに、オプション(他社製)のBluetooth v1.1通信ユニット(USBアダプター)を利用すれば、パソコンやBluetooth対応携帯電話機からワイヤレスプリントが可能になる。対応するプロファイルはBPP(Basic Print Profile)/OPP(Object Push Profile)の2種類で、同社が動作確認しているのはボーダフォン(株)の『903SH』、(株)コレガの『Corega CG-BTU SB 01』。

本体サイズと重量は、幅276×奥行き235×高さ15mm/約2.95kg。消費電力は印刷時約15W/スタンバイ時(パワーセーバーON時)約8.4W。動作音は標準モードで44dBA以下。内蔵TFT液晶ディスプレーの表示解像度は480×234ドット。電源は付属のACアダプターを使用するが、ACアダプターをプリンター本体にドッキングする形で接続できるユニークな構造になっている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン