このページの本文へ

NECエレクトロニクス、ワイヤレスUSB用LSI『μPD720170』のサンプル出荷を開始

2005年12月15日 23時19分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

NECエレクトロニクス(株)は15日、ワイヤレスUSB規格“Certified Wireless USB”に準拠したシステムLSI『μPD720170』を世界で初めて製品化し、同日付けでサンプルの出荷を開始したと発表した。サンプル価格は5000円。量産出荷は2006年度第1四半期に開始する予定。

『μPD720170』
『μPD720170』

『μPD720170』は、ワイヤレスUSBのインターフェース規格“WHCI(Wireless Host Controller Interface)”に準拠したホストコントローラーLSI。パソコンやデジタル家電向けのLSI。これを機器に搭載することにより、プリンターなどの周辺機器との通信をUSB 2.0と同等の最大480Mbps(3m以内)の無線で行なえるようになるのが特徴。通信範囲は最大で直径10m(110Mbps時)。

転送速度は8段階(53.3M~480Mbps)を選択でき、データ転送方式は4種類(コントロール転送/バルク転送/インターラプト転送/アイソクロナス転送)を選択できる。暗号化はAES-128 CCMに対応。最大32台のワイヤレスUSBデバイスをサポートしており、バスはPCI 2.2(32bit/33MHz)とPCカードに対応。30MHzの水晶振動子で動作し、電源は3.3V/1.5V。パッケージは144ピンのファインピッチBGA(12×12mm)で提供される。

併せて、『μPD720170』を搭載した製品の評価や開発を行なうためのリファレンスボードについても、無線規格“UWB(Ultra Wide Band:超広帯域無線)”の物理層チップメーカーと協業し、2006年度第1四半期中に提供を開始すると発表した。



カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン