このページの本文へ

Web広告研究会、企業内ネットでウェブ閲覧を制約する企業が71%に――大企業ほど厳格

2005年12月13日 18時24分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(社)日本広告主協会 Web広告研究会は13日、企業内のウェブ閲覧環境など調査した“Web閲覧環境調査”の結果を発表した。調査対象は日本広告主協会加盟企業とWeb広告研究会加盟企業273社で、回収数は123社。期間は10月7日から11月11日まで。従業員数別構成は、100~999人が22.8%、1000~4999人が39.0%、5000人以上が36.6%、その他・無回答が1.6%。

それによると、“大多数の企業においてウェブページの閲覧は可能であるが、71%の企業で何らかの閲覧制御が行なわれており、企業規模が大きくなるほど厳格となる”、“HTMLメールをスムーズに受信・表示できるのは全体の3分の2”、“プラグインやアプリケーションを自由にインストールできるのは全体の26%”など、企業内におけるインターネットを介した情報受信に関して、何らかの制限がかかっていることが明らかになったという。

利用制限の理由として、ウイルス感染防止を挙げたのが全体の86%、情報漏洩防止が71%、不正侵入防止が67%、スパイウェア防止が63%などで、制限をしていないのは6.5%となっている。

なお、調査結果の詳細はウェブサイトに掲載されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン