このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

サイバネテック、シリアルATA II採用のRAID対応NAS“ SuperPhoenix-II”シリーズの販売を開始

2005年12月09日 22時53分更新

文● 編集部

(株)サイバネテックは9 日、NASの新製品として、シリアルATA IIのHDDをベースにしたハードウェアRAID対応の“SuperPhoenix-II”シリーズの販売を同日付けで開始すると発表した。出荷時期は12月末。価格は149万5000円から。

『SuperPhoenix-II 3163NAS/WSS』
『SuperPhoenix-II 3163NAS/WSS』

Xeon-3.0GHz、1GBのメモリー(ECC対応DDR SDRAM)、RAIDコントローラーとしてインテル80321(64bit RISC)を搭載し、HDD×8台の『SuperPhoenix-II 2803NAS』『SuperPhoenix-II 2803WSS』、HDD×12台の『SuperPhoenix-II 2123NAS』『SuperPhoenix-II 2123WSS』、HDD×16台の『SuperPhoenix-II 3163NAS』『SuperPhoenix-II 3163WSS』をラインアップする。OSはLinuxベースの『ProNAS ver 1.1』とWindows Storage Server 2003を選択できる(型番の末尾がNASとなっているのがLinux)。RAIDレベルは0、1、0+1、3、5、6、JBODをサポートする。

インターフェースは10/100/1000BASE-T×2を搭載する。本体サイズは、HDD×12台までのモデルが2U、16台のモデルは3Uでアルミ製の軽量筐体を採用したという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

QDレーザー販促企画バナー

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン