このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

GEO@チャンネル

GEO@チャンネル

2005年12月14日 12時35分更新

文● 伊藤 裕也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

GEO@チャンネル

ゲオ・ビービー

980円/回(ライトプラン)、など

“GEO@チャンネル”のチューナー本体とリモコン
写真1 “GEO@チャンネル”のチューナー本体とリモコン。レンタルされる機器には、このほかACアダプター、S-Video/コンポジットケーブル、ネットワークケーブルが含まれる。
現在、“GEO@チャンネル”では応募者全員プレゼントを含むキャンペーンを実施している。詳細はこのボタンをクリックしたリンク先を参照いただきたい(GEO@チャンネルのキャンペーンページに移動します)。

 “GEO@チャンネル”は、2005年7月にスタートした(株)ゲオ・ビービーのビデオオンデマンド(VOD)サービス。オンデマンドとはユーザーの要求があったときにサービスを提供する方式を指す言葉で、VODとはいわば“ビデオ(映像)を見たいと思ったときすぐに視聴できる”サービスである。

 GEO@チャンネルのポイントは、ビデオサーバーへのアクセス(通信)およびビデオの表示にレンタル方式の“セットトップボックス”(以下STB)を使用すること。ゲオ・ビービーによれば、表示のための“TV”と2Mbps以上の通信速度でインターネットに接続できる“ブロードバンド環境”さえあれば(パソコンがなくても)、同社のビデオサーバーに蓄積された映画やTV番組などをいつでも自由に楽しめるという。



チューナー本体の前面と背面
写真2 チューナー本体の前面と背面。基本的にケーブル類は背面に接続し、前面にある6.3mmφプラグの接続ポートやつまみは使用しない。前面は電源ボタンと三日月形のボリューム調整ボタン、およびリモコン操作などに反応するインジケーターとして使用する。

 ここではそのSTB「GEO@チャンネルチューナ」を実際に借用して、GEO@チャンネルのサービス内容や操作性、映像品質などのユーザーが気になるポイントについてチェックしていく。

寒空の下で借りたり返したり
そんなガマンはもうしない!?

 まずは、GEO@チャンネルのサービス内容を具体的に紹介しよう。ゲオ・ビービーが“オンラインレンタルビデオ”と謳うGEO@チャンネルは、ネオ・インデックスが提供するVODソリューション「Nextensive VOD」を中心とするサービス。VODサービスで視聴できる映像作品は洋画に邦画、バラエティ、アニメ、スポーツ、さらにはアダルトまで実にさまざまで、視聴できる映像作品の数は11月現在で約3000タイトルを擁しているという。

付属のリモコン 付属のACアダプター
写真3 付属のリモコン。写真4 付属のACアダプターは、比較的コンパクトで場所をとらない。

 これら映像作品の視聴は、STBを使って“映像作品を視聴する権利”を取得(基本的に有料)することにより行なえる。その権利にはレンタルビデオ店で言うところの“2泊3日”のように有効期間が設けられており、期間内であればその作品を何度でも視聴できるというもの。CS放送やCATVなどでおなじみの“ペイ・パー・ビュー”(PPV)方式である。

チューナー本体の上部
写真5 チューナー本体を上から見たところ。編集部の実測で幅213×奥行き204×高さ43mmと、場所をとらないので、テレビの横に置いても邪魔にならない。

 サービス料金は“STBのレンタル料金を含む基本使用料”+“PPVコンテンツの料金”(以下PPV料金)が基本で、PPV料金は1タイトルあたり105~525円。なお、GEO@チャンネルでは映像作品を楽しむ頻度などに応じて、“ライト”“スタンダード”“プレミアム”という3種類のプランが用意され、視聴できる映像作品や料金はプランによって異なる。

 各プランの料金ならびにポイントは次の通りだ。

【ライトプラン】

利用料金
980円/回
申し込み方法
各地の“GEO”店頭にて直接申し込み
ポイント
1回の申し込みで1週間視聴可能になる短期レンタル
利用料金のみで映像作品5タイトルを視聴可能(PPV料金は利用料金に含まれる)
ただし、プレミアム/スタンダードプラン専用の映像作品は視聴できない

【スタンダードプラン】

利用料金
500円/月+PPV料金(※1)
申し込み方法
ゲオ・ビービーに書類などで申し込み
ポイント
見た番組の種類に応じて清算される“従量課金制”プラン
視聴できる期間は番組ごとに定められている(24時間から最長7日間)
毎月あらかじめ決められた2~5タイトルは基本料金のみで見放題
ただし、プレミアムプラン専用の映像作品は視聴できない

【プレミアムプラン】

利用料金
1600円/月+PPV料金
申し込み方法
ゲオ・ビービーに書類などで申し込み
ポイント
従量課金制の自動継続プラン
あらかじめ決められた100タイトルは基本料金のみで見放題
すべての映像作品を視聴できる
※1 スタンダード・プレミアムプランは入会月から3ヵ月以内に解約した場合には違約金として3000円が必要

 ライトプランはゲオ・ビービーの親会社のひとつである(株)ゲオが展開しているソフトショップ“GEO”の店頭でSTBを1週間レンタルするというプラン。980円支払えばPPV料金に関係なく5タイトルを視聴できるが制限もある。本格的に楽しむのであれば、従量課金制のスタンダードもしくはプレミアムがいいだろう。ちなみにスタンダード・プレミアムの料金支払い手段は、クレジットカード、コンビニ決済、ウェブマネーに対応している。

ユーザー設定の画面
画面1 ユーザー設定ではパスワードの設定・変更などのほか、アダルトコンテンツの表示・非表示といったコントロールも行なえる。

 続いて次ページからは、実際にGEO@チャンネルで映像作品を視聴する流れを追いつつ、気になるところを見ていこう。

前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン