このページの本文へ

イーヤマ販売、32インチのハイビジョン対応液晶テレビ『Hello TV PCL3200-S1』を12万9800円で発売

2005年10月19日 22時30分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)イーヤマ販売は19日、32インチの液晶ワイドテレビ『Hello TV(ハロー・ティー・ヴィー) PCL3200-S1』を発売すると発表した。価格は12万9800円。同日付けで予約受け付けを開始し、11月中旬に販売および出荷を開始する。直販サイト“e-shop”での限定販売となる。

『Hello TV PCL3200-S1』
『Hello TV PCL3200-S1』

『Hello TV PCL3200-S1』は、同社がコンシューマー向け大型液晶テレビ市場へ本格参入する第1弾の製品。解像度が1366×768画素の広視野角“Super-IPS”液晶パネルを採用し、高画質でプログレッシブ変換などを行なう“Faroudja DCDi”技術搭載の米Genesis Microchip社製画素変換チップ『FLI2310』を搭載したのが特徴。米BBE Sound社の音響改善技術“BBE”や米SRS Labs社の仮想サラウンド技術“SRS WOW”も搭載されている。

パネルサイズは32インチ(80.2cm)で、画素ピッチは0.51075mm。輝度は500cd/m2、コントラスト比は600:1、応答速度は18msで、グレー→グレーは8ms。視野角は上下/左右176度。子画面のサイズを3段階に変更できるピクチャー・イン・ピクチャー機能も利用できる。

入力端子は、コンポジットビデオ(RCA)×3、Sビデオ(ミニDIN)、コンポーネント(RCA)×2、D端子、アナログRGB(ミニD-Dub15ピン)、DVI-Dを装備する。出力端子はコンポジットビデオ(RCA)、音声(ステレオ/RCA×2)のほか、サブ・ウーファー用のオーディオジャックを装備する。メモリーカードリーダーは、SDメモリーカード/スマートメディア/MMC/メモリースティック(PRO)/CFに対応しており、静止画や動画などの表示も行なえる。ビデオ方式はNTSCに対応し、信号方式は480i/p、720p、1080iに対応。アナログRGB入力は水平同期周波数が30k~80kHz、垂直同期周波数が50~75Hzに対応する。TVチューナーは地上アナログ(VHF/UHF/CATV)対応を搭載し、オプションで地上デジタルチューナーを用意する。

本体サイズは幅840.0×奥行き220.3×高さ657.2mm、重量は20.7kg。電源はAC90~110Vで、消費電力は最大232W(省電力時5.0W以下)。スピーカーは10W×2。リモコンが付属する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン