このページの本文へ

デル、エントリー向けのデスクトップ『Dimension 1100』と高機能コンパクトデスクトップ『Dimension 5150C』を発売

2005年09月26日 16時06分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

デル(株)は26日、SOHO/中小企業/個人向けデスクトップパソコン“Dimension(ディメンション)”シリーズの新製品として、エントリー向けの『Dimension 1100』と高機能コンパクトタイプの『Dimension 5150C』の2機種を同日付けで発売すると発表した。B.T.O.に対応しており、価格は『Dimension 1100』が4万5465円から、『Dimension 5150C』が9万8700円から。

『Dimension 1100』
『Dimension 1100』

『Dimension 1100』は、PCIバススロット×3を備え、光ドライブを2台まで搭載可能な拡張性を持たせたベーシックモデル『Dimension2400』『Dimension3000』の後継機種。グラフィックス機能を統合した865GVチップセットを搭載し、CPUはCeleron D 325-2.53GHz/Pentium 4-2.80AGHzを選択できる。メモリーは256MB~2GB(DDR SDRAM)、HDDは80GB/160GB(Ultra ATA/100)を搭載でき、光ドライブには48倍速CD-ROMドライブ、16倍速DVD-ROMドライブ、48倍速CD-R書き込みのCD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブなどが用意されている。インターフェースはUSB 2.0×6(前面2、背面4)、10/100BASE-TX、パラレル、シリアル、ライン入出力、マイク入力、ヘッドフォン出力、PS/2×2などを装備する。OSはWindows XP Home Edition/Professional SP2を選択可能。本体サイズは幅184×奥行き426×高さ368mm、重量は10.4kg以上(構成により異なる)。

『Dimension 5150C』
『Dimension 5150C』

『Dimension 5150C』は、グラフィックス機能を統合した945G Expressチップセットを採用し、HTテクノロジPentium 4 630-3.0GHz/Pentium D 820-2.80GHz/830-3.0GHzを選択でき、グラフィックスカード『ATI RADEON X600 SE 128MB』も搭載できるほか、TVの視聴/録画やDVD/音楽CDの作成/再生などを専用リモコンで操作できるのが特徴。メモリー(PC3200準拠DDR2 SDRAM)は512MB~4GB(提供は2GBまで)、HDD(シリアルATA、毎分7200回転)は80G/160G/250G/500GBを選択可能。光ドライブは、CD-R/RW&DVD-ROMコンボドライブ、スリムタイプのDVD±R/±RWドライブ、DVD+R DL(2層)の2.4倍速書き込み対応のDVD±R/±RWドライブなどを選択可能。インターフェースはUSB 2.0×7(前面2、背面5)、10/100BASE-TX、V.92準拠56kbpsモデム、IEEE 1394×2、7.1chオーディオ出力などを装備する。拡張スロットはPCI Express x16、PCI Express x1を搭載。OSはWindows XP Home Edition SP2/Professional SP2/Media Center Editionを選択可能。新設計のBTXシャーシーを採用しており、本体サイズは幅94×奥行き365×高さ315mm、重量は7.4kg以上(構成により異なる)。本体色には“アルパインホワイト”と“アークティックシルバー”が採用されている。キーボードやマウスはUSBタイプのほか、ワイヤレスタイプも用意されている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン