このページの本文へ

“Mobile Athlon 64”が3モデル同時発売! 3000+/3200+/3400+のバルク版!!

2005年09月10日 22時30分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 AMDからSocket 754対応CPU“Mobile Athlon 64”シリーズ3モデルが登場した。発売されているのは「Mobile Athlon 64 3000+」「Mobile Athlon 64 3200+」「Mobile Athlon 64 3400+」の3種類で、いずれもバルク版だ。

3モデル
Socket 754対応CPU“Mobile Athlon 64”が登場。3000+/3200+/3400+の3モデルだ
価格
販売価格はTuroin 64よりもかなり安い。2GHzオーバーのAMD系Mobile用CPUが安価に手に入るというのは大きな魅力だ

 先月16日に最上位モデルとなる「Mobile Athlon 64 4000+(2.6GHz)」を発表したばかりのAMDだが、今回登場した3モデルはいずれも昨年発表されている製品となる。主な仕様は、“3DNow!プロフェッショナル命令”と“SSE2”をサポートする64bitのAMD64コアと、PC2700対応のDDRメモリーコントローラー、“HyperTransport”テクノロジーを採用したI/Oバス、“AMD PowerNow!”テクノロジーを搭載。動作クロックは3000+が1.8GHz、3200+が2.0GHz、3400+が2.2GHz。L2キャッシュは1MBで消費電力が62Wとなるのが特徴だ。その他、Windows XP SP2で実装される“Enhanced Virus Protection(拡張ウイルス防止)”機能にも対応している。
 登場した3モデルはどれもパッケージの色が異なっており、3400+は明るいグリーン。3200+は茶色、3000+は暗いグリーンというもの。OPNは“AMN3400BIX5AR(3400+)”“AMN3200BIX5AR(3200+)”“AMN3000BIX5AR(3000+)”で、3400+だけ“Mobile”の文字が刻まれているのが確認できた。消費電力こそ62Wと、やはり同社のMobile用CPUとなるTuroin 64と比較すると大きめとなるが、販売価格はそのTuroin 64よりもかなり安い。現時点で対応マザーについては不明な点が多いなど、初心者向けCPUとはいえないが、2GHzオーバーのAMD系Mobile用CPUが安価に手に入るというのは大きな魅力だ。価格および販売ショップは以下の通り。

3400+ OPN
「Mobile Athlon 64 3400+」。た3モデルはどれもパッケージの色が異なっている3400+のOPNは“AMN3400BIX5AR”。このモデルだけ“Mobile”の文字が刻まれているのが確認できる
OPN OPN
3200+のOPNは“AMN3200BIX5AR(3200+)”3000+のOPNは“AMN3000BIX5AR(3200+)”
価格 ショップ
AMD
Mobile Athlon 64 3000+(1.8GHz)
\15,480 ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
\15,750 ドスパラ本店
ドスパラアキバ店
AMD
Mobile Athlon 64 3000+(2.0GHz)
\18,480 ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
\18,900 ドスパラ本店
ドスパラアキバ店
AMD
Mobile Athlon 64 3000+(2.2GHz)
\23,970 ドスパラ本店
ドスパラアキバ店
\23,980 ツクモパソコン本店II
TSUKUMO eX.
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ