このページの本文へ

セリフ一切なし!? 安藤希が無口で恐い女に大変身

2005年08月13日 18時56分更新

文● 清水

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
安藤希

「ふつうに人の中に混じって生活をしているお化けの役を演じてます。年齢は20歳くらいなのかなあ……。セリフがないのが一番大きな特徴ですね」
映画『さくや妖怪伝』や『富江 最終章 ~禁断の果実~』主演ほか、9月10日に公開予定の『タッチ』にも出演するなど、若手女優として人気の安藤希さんが13日、DVD『稲川淳二の あなたの隣の恐い話 ~夏の怪~』(発売:GPミュージアム/2940円)の発売記念イベントを秋葉原のISHIMARU SOFT2で行なった。

「セリフがないんですか?」
「はい。一切なんです。演技ではほかにも、まばだきをしないなどユニークな要求されましたね」

作品は稲川淳二氏のナビゲートによるオムニバス形式のホラームービー。第3弾となるこのDVDは、第1話『蒲田の女』(主演:安藤希)、第2話『窓に貼ったポスター』(主演:桂亜沙美)、『約束』(主演:細川茂樹)の全3ストーリーで構成されている。

今作のジャケットは安藤さんがすごい形相で写っている。これについては
「もう、ジャケットを見てびっくりです! これは目に白いコンタクトを入れているだけなのですが衝撃的ですよね。ちなみに白いコンタクトは真ん中しか見えず、視界がすごく狭くなります(笑)」。

安藤さんがソロでイベントを行うのは、「3年ぶりくらいかな?」と語るほど久しぶり。イベントの開催が決定したのが急だったが、多くのファンが会場に駆けつけていた。複数購入者向けにツーショットポラ撮影も行われたが、会場を訪れたファンの半数以上が参加。その人気の根強さを改めて見せてくれた。

なお、9月10日にはタッチのほか、映画『せかいのおわり』も渋谷のシネアミューズで公開される予定。タッチではボクシング部のマネージャー役、せかいのおわりではナンパされる女の子役とまったく異なる2役がスクリーンで見られる。

■プロフィール

安藤希(あんどう・のぞみ)

生年月日:1982年8月3日
出身地:千葉県
血液型:AB型
趣味:映画鑑賞、読書、テニス、ピアノ



【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ