このページの本文へ

日本サムスン、フラッシュメモリー搭載デジタルオーディオプレーヤー“YP-C1”をオンライン販売

2005年04月27日 18時16分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本サムスン(株)は27日、フラッシュメモリー型デジタルオーディオプレーヤー“YP-C1”のオンライン販売を同日付けで開始すると発表した。1GBタイプの『YP-C1 Z』と512MBタイプの『YP-C1 X』をラインアップし、価格は、1GBタイプが1万2800円、512MBタイプが8900円。

5月2日、メーカー広報担当より価格変更の連絡があり、YP-C1 Z/YP-C1 Xともに価格はオープンプライスとなっている。
YP-C1
『YP-C1 Z』(下)と『YP-C1 X』(上)

『YP-C1 Z』は約256曲、『YP-C1 X』は約128曲の楽曲を収録できるポータブルデジタルオーディオプレーヤー。再生フォーマットは、MP3(8k~320kbps)、WMA(48k~192kbps)、ASF(8k~192kbps)、OGG(128k~512kbps)に対応。ボイスレコーディング(WAV形式)にも対応しており、『YP-C1 Z』で72時間、『YP-C1 X』で36時間の録音が行なえる。周波数特性は20~20kHzで、出力は10mW+10mW。S/N比は85dB。白色LEDバックライト付きの液晶パネル(128×64画素)を搭載し、4行表示/10ヵ国語表示に対応している。

インターフェースは、USB 2.0(転送速度は18Mbps)。電源は単3形アルカリ乾電池×1本で、約42時間の連続再生が可能。本体デザインは丸みを付けたキューブ型で、サイズは幅71×奥行き26×高さ26mm、重量は34g。本体カラーは『YP-C1 Z』がダークグレイで、『YP-C1 X』がブルー。対応OSはWindows XP/2000/Me/98 SE。対応機種はPC/AT互換機。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン