このページの本文へ

日本サムスン、デジタルオーディオプレーヤー4機種を発売――カラー液晶搭載タイプも

2005年03月15日 21時15分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本サムスン(株)は15日、デジタルオーディオプレーヤー4機種を18日に発売すると発表した。ラインアップは、フラッシュメモリーを搭載し、単4形電池を利用する小型の“YP-T6”3タイプ、単3形電池を利用する小型の“YP-MT6”2タイプ、充電式で薄型の“YP-T7”2タイプ、5GBのHDDを内蔵する薄型の『YH-820MC』の計8タイプ。価格はオープン。直販サイト“サムスンダイレクト”でも販売する。

“YP-T6”3タイプ
“YP-T6”(左から『YP-T6Z』『YP-T6X』『YP-T6V』)

“YP-T6”は、白色LEDのバックライトを採用し、10ヵ国語表示に対応した128×48画素(3行表示)の液晶パネルを搭載し、本体サイズを幅22×奥行き23×高さ55mm、重量を30gに小型軽量化した機種。操作にはジョグキーとボタンを利用し、単4形アルカリ乾電池1本で約20時間の連続再生が行なえる。対応ファイル形式は、MP3(8k~320kbps)、WMA(48k~192kbps)、ASF(8k~192kbps)、Ogg、WAV。周波数特性は20~20kHz。S/N比は89dB。出力は10mW+10mW。5種類のイコライザーとサラウンド機能“SRS WOW”が搭載されている。

内蔵FMチューナーからの録音やオーディオ機器からのダイレクトレコーディング(MP3)、ボイスレコーディング(WAV)にも対応しており、ボイスレコーディングは256MBあたり18時間の録音が可能。インターフェースはUSB 2.0で転送速度は18Mbps。対応機種はPC/AT互換機。対応OSはWindows 98 SE/Me/2000/XP。

容量が1GBの『YP-T6Z』(シルバー)、512MBの『YP-T6X』(ブラック)、256MBの『YP-T6V』(レッド)の3タイプが用意され、256MBタイプは直販専用モデルとなる。携帯用ケース、イヤホン、USBケーブル、単4アルカリ乾電池、ストラップ、ラインケーブルなどが付属する。価格は、『YP-T6Z』が2万2800円、『YP-T6X』が1万9800円、『YP-T6V』が1万4800円、

“YP-MT6”2タイプ
“YP-MT6”(左が『YP-MT6X』、右が『YP-MT6V』)

“YP-MT6”は、電源に単3形電池を利用し、単3アルカリ乾電池で約42時間の連続再生が行なえる。本体サイズは幅25×奥行き24×高さ61mm、重量は36gで、液晶パネルが128×64画素(4行表示)になるが、再生/録音/FMチューナー/インターフェースなどの基本機能は“YP-T6”と同等。容量が512MBの『YP-MT6X』(ブラック)と256MBの『YP-MT6V』(レッド)の2タイプが用意される。

“YP-T7”
“YP-T7”(左が『YP-T7Z』、右が『YP-T7X』)

“YP-T7”は、カラー液晶パネル(96×96画素、6万5000色表示)を搭載しており、6行のテキスト表示やJPEG画像の表示を行なえるのが特徴。時計(スクリーンセーバーにも対応)の表示も可能で、時計機能を利用したアラームやFM放送の予約録音も行なえる。録音/再生機能は“YP-MT6”とほぼ同等だが、S/N比は90dBとなる。

本体はスリムデザインを採用しており、サイズは幅37×奥行き13.3×高さ62mm、重量は35.5g。表面はアルミニウム加工でコーティングしたという。電源はリチウムポリマー充電池を利用し、約10時間の連続再生が可能(充電時間は約2.5時間)。インターフェースはUSB 2.0で、転送速度は70Mbps。JPEG画像の管理や編集を行なうための画像管理ソフト『Multi-Media Studio』と、CDをMP3/WMA形式に変換して管理するためのソフト『Samsung Music Studio』が付属する。

容量が1GBの『YP-T7Z』(シルバー)、512MBの『YP-T7X』(ブラック)を用意し、512MBタイプは直販専用モデルとなる。携帯用ケース、イヤホン、USBケーブル、電源アダプター、ストラップ、ラインケーブルなどが付属する。直販サイトでの販売価格は、『YP-T7Z』が2万6800円、『YP-T7X』が1万2800円。

『YH-820MC』『YH-820MC』

『YH-820MC』は、5GBのHDDを内蔵し、最大1250曲を保存できるのが特徴。液晶パネルは128×96画素で6万5000色表示に対応しており、JPEG画像の表示も行なえる。再生ファイル形式はMP3(8k~320kbps)、WMA(48k~192kbps)、録音はMP3に対応。FM放送の録音やボイスレコーディング、ダイレクトレコーディングにも対応しており、ボイスレコーディングでは最大350時間の録音が可能。S/N比は90dB。出力は12mW+12mW。

本体サイズは幅49.8×奥行き13.8×高さ88.1mm、重量は84.5g。ボディカラーはシルバー。電源はリチウムイオン充電池を利用し、約8.5時間の連続再生が可能(充電時間は3時間)。インターフェースはUSB 2.0で、転送速度は最大50Mbps。対応OSはWindows XP/2000。携帯用ケース、イヤホン、USBケーブル、USBアダプター、電源アダプター、ストラップ、ラインケーブルなどが付属する。直販サイトでの販売価格は2万9800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン