このページの本文へ

あの高橋名人が登場!Necca秋葉原店で“なつゲー感謝祭Featuring高橋名人”を開催!

2005年04月02日 23時16分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズ(株)は、同社が運営するゲームサイト“なつゲー”のオフラインイベント“なつゲー感謝祭Featuring高橋名人”をNecca秋葉原店で開催した。ゲストに(株)ハドソンのコンテンツコンシューマ事業本部宣伝長宣伝部マネージャーの“高橋名人”こと高橋利幸氏を迎え、シューティングゲーム「スターソルジャー」の大会や、氏が出演した映画の上演会が行なわれた。

高橋名人
Necca秋葉原店で開催された“なつゲー感謝祭Featuring高橋名人”にゲスト出演した(株)ハドソンのコンテンツコンシューマ事業本部宣伝長宣伝部マネージャーの高橋利幸氏
会場
Necca秋葉原店によると、今回のイベントには60名弱が参加したとのこと

 イベントの冒頭で氏は「今日はテカリ防止のために帽子をかぶってきました」と語り、場内の笑いを誘った。その後「スターソルジャー」で毛利名人(毛利公信氏)と5番勝負で戦うという映画「GAME KING 高橋名人 vs. 毛利名人 激突!大決戦」('86年東宝)についての思い出を語った。氏によると「映画の収録は5月で、まだソフトが発売前だった。収録3日前にようやくゲームのマスターをもらって練習した。毛利名人は頭がいいから敵キャラが登場していくる場所を覚えているが、ボクはもう全然ダメだった」と当時を懐かしそうに振り返った。また「この映画の収録後に、プレーした“スターソルジャー”のバグ取りを行なった」と強行軍で行なわれた撮影の舞台裏を語り、参加者の関心をひいていた
 上映後は映画で登場した同ゲームを映画内で行なわれたルールと同じ条件で競技を行なう“プチキャラバン”を実施。60名弱名の参加者が同ゲームの得点を競った。プレー終了後には上位6名に高橋名人のサイン入り色紙をプレゼントされた。

参加者
“プチキャラバン”の様子。参加者はみな真剣そのもの
説明
参加者が真剣にプレーしている最中に、攻略ポイントなどを説明した
サイン中
得点数の多い上位6名には、高橋名人のサイン入り色紙をプレゼント。そのうち2回ほど日付を入れ間違い、会場になったNecca秋葉原店にプレゼントされることに!
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ