このページの本文へ

秋葉原に新名所?神田川に突如船着き場が出現!

2005年03月29日 22時30分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昭和通りと神田川が交差する地点にかかる和泉橋の近くに、突如船着き場が出現した。神田川をルートとする観光船が登場するのかと思えば、さにあらず。実は防災船用のものだという。

船着場
和泉橋の近くに突如出現した防災用の船着場
看板
工事概要を説明する看板によると「災害時に、住民の避難や救援物資の輸送のための防災船着場」とのこと

 先週、船着き場の両端にある黒い支柱が設置されたが、本日確認すると写真のような船着き場が出現していた。工事現場の入り口に掲示されている工事概要によると「地震などの災害時に、住民の避難や救援物資の輸送のための防災船着場」とのことで、4月中に完成するという。看板によると船着き場自体が水位に合わせて上下するようで、ある一定の水位を超えると自沈する仕組みとなっているようだ。船着き場へは書泉ブックタワーと東京都の和泉橋出張所の間を通ってアクセスするようだが、船着場に一般人が常時立ち入りが可能かどうかは不明。こういった施設が次々とできあがるのは心強い限りだが、できるだけ利用するような事態にはなってほしくないものだ。

構造 ローラー
船着き場は神田川の水位により上下するようだ船着き場を支える支柱のところを見ると、ローラーが取り付けられている
【関連記事】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ