このページの本文へ

ライフボート、CDから起動する“CDから使えるシリーズ”を発売――第1弾は『CDから使えるドライブワークス8』

2005年03月17日 17時27分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)ライフボートは17日、インストールせずにCDドライブから起動して利用できるツール“CDから使えるシリーズ”を発表した。第1弾の製品として、米V Communications(ヴィ・コミュニケーションズ)社が開発したパーティション操作ツール『CDから使えるドライブワークス8』の販売を4月22日に開始する。価格は9240円。

製品パッケージ『CDから使えるドライブワークス8』

“CDから使えるシリーズ”は、ソフトのインストールが、初心者には難しい作業で、中級者以上には面倒な作業と考えられていることから、“頻繁に使うソフト以外は、インストールせずに使いたいときにすぐに使える”というコンセプトを持つ新シリーズとして発売するもの。『CDから使えるドライブワークス8』に続き、5タイトルを年内に発売する予定という。持ち運びやすく保管しやすい小型パッケージを採用することで、ユーザー層の拡大も図るとしている。

『CDから使えるドライブワークス8』は、2004年6月に発表したパーティション操作ツール『ドライブワークス8』の機能をCDドライブからの起動(CD起動)に特化したもので、パーティション操作を行なう『パーティションコマンダー』、HDDを丸ごとコピーする『コピー コマンダー』、HDDの完全消去を行なう『デリート コマンダー』の3つのツールで構成される統合ソフト。CD起動に特化したことから、複数のOSに対応したマルチブート機能や、データの自動バックアップ機能、イメージバックアップ機能は含まれない。

対応機種は、CD起動に対応したPC/AT互換機、PC98-NX。パッケージには、小冊子『CDから使えるドライブワークス8公式ガイドブック』が同梱される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン