このページの本文へ

TranscendからRS-MMCメディア3モデルが登場も対応機種は……

2005年03月09日 23時57分更新

文● 美和

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 TranscendからRS-MMC(Reduced-Sized MultiMedia Card)メディア「RS-MMC」が登場した。同社のウェブサイトでは128/256/512MBの3モデルがラインナップされている。

パッケージ
Transcend製RS-MMC(Reduced-Sized MultiMedia Card)「RC-MMC」。写真は128MBモデル

 RC-MMCは、“MMCA(MultiMedia Card Association)”が2002年に策定したフラッシュメモリカードの規格で、MMCのサイズが24(W)×32(D)×1.4(H)mmだったのに対し、RS-MMCは24(W)×18(D)×1.4(H)mmと従来の半分となっているのが特徴だ。カード上に用意されているピン数はMMCと同じで、着脱式のアダプタを取り付けることによりMMC対応機でもそのまま利用できる。今回の製品のアダプタはアルミ製となっている。同社のウェブサイトによると読み込み、書き込み速度ともに2MB/s。対応電圧は2.7~3.6Vとなっている。価格はOnenessで512MBモデルが6480円、256MBが3980円、128MBが2780円。

アダプタ パッケージその2
メディアにアルミ製のアダプタを取り付けることにより、MMCとして利用可能パッケージにはデジタルカメラやPDAに使用できるとかかれている
※当初、ボーダフォンのノキア製端末「702NK」(「Nokia 6630」)に利用できると表記しておりましたが、「Nokia 6630」の説明書(英語版PDF) には“Dual Voltage”(1.8/3V)対応のRS-MMCメディアを使用しなければならないと記載されておりました。そのため当記事のメディアは「Nokia 6630」での動作保証外の製品となり、またボーダーフォンが公開する「702NK」のウェブサイトでは「推奨するメモリカードは64MバイトまでのReduced Size MMCです(2004年11月現在)。推奨以外のものは使用できない場合があります」と記載されており、それ以外の動作確認は公開されておりません。ここにお詫びして訂正いたします。
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ