このページの本文へ

Albatronから2万円を切った“i925XE”搭載マザーボード「PX925XE Pro-R」が登場

2005年02月24日 21時18分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 昨日、FSB1066MHzに対応するPentium 4 Extreme Edition-3.73GHzの販売が始まったばかりだが、本日AlbatronからFSB1066MHzに対応する“i925XE”を搭載するマザーボード「PX925XE Pro-R」が登場した。

「PX925XE Pro-R」
FSB800/1066MHzに対応するチップセット“i925XE+ICH6R”を採用する「PX925XE Pro-R」
LAN
Broadcom“BCM5789”によるギガビットイーサネットとVIA“VT6105”による10/100Base-TXを搭載する

 同セットを搭載するマザーとしては、ASUSTeK「P5AD2E Premium」やECS「PF21」、Gigabyte「GA-8AENXP-D」、MSI「925XE Neo Platinum」などが販売されているが、今回登場したAlbatron「PX925XE Pro-R」はECS「PF21」と並び2万円を切るという価格(ASUSTeK/Gigabyte/MSIは約3万円)が特徴だ。
 拡張スロットはPCI-Express x16×1、PCI-Express x1×2、PCI×3となっており、DDR2 400/533対応スロット×4本を搭載(最大4GB)。オンボードインターフェイスとして、8チャンネル対応サウンド、Broadcom“BCM5789”によるギガビットイーサネットとVIA“VT6105”による10/100BASE-TX対応イーサネット、“ICH6R”によるSerial ATA RAID(4ポート)を装備する。価格はドスパラ本店で1万8800円となっている。

サウス インターフェイス
オンボードインターフェイスは少なめだが、価格はi925XEマザーとしては安い背面に用意されるUSBポートは4。別に付属のブラケットで4ポートが使用可能
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ