このページの本文へ

SAS Institute Japan、財務/経営管理者の意志決定を支援するパフォーマンス・マネージメント・ソリューション群“SAS Financial Intelligence”を発表

2005年02月03日 22時06分更新

文● 編集部 新海宏一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

SAS Institute Japan(株)は3日、都内・品川の東京カンファレンスセンター・品川において記者説明会を開催し、財務/経営管理者の分析/判断/意志決定を支援するソリューション群“SAS Financial Intelligence”の販売を本日付けで開始すると発表した。同ソリューションには、KPI(Key Performance Indicator:重要業績評価指標)管理ソリューション“SAS Strategic Performance Management 2.0”、財務管理ソリューション“SAS Activity Based Management 6.2”、予算・計画立案ソリューション“SAS Financial Management 4.0”の3つのソリューションが含まれ、価格は各ソリューションごとに1500万円前後。

ワールドワイド・マーケティング事業部パフォーマンス・マネージメント・ソリューション担当ストラテジストのゲーリー・M・コーキンス氏
ワールドワイド・マーケティング事業部パフォーマンス・マネージメント・ソリューション担当ストラテジストのゲーリー・M・コーキンス氏
新製品の発表に先立ち、米SAS Institute社ワールドワイド・マーケティング事業部パフォーマンス・マネジメント・ソリューション担当ストラテジストのゲーリー・M・コーキンス(Gary M. Cokins)氏が登壇し、“パフォーマンス・マネージメント”の重要性について説明した。同氏は、「優れた戦略を持ちながらも、うまく実行できずに業績が衰退していくのは、パフォーマンス管理のためのツールが分離して別々に運用されているからだ。戦略が実行できないという問題を解決するにはパフォーマンス管理が重要」と解説。また、「多くの企業において間接費の経理データは平均を取ったうえで計上しているので信用できない状況になっている。コストを正確に計上できれば、問題点を浮き彫りにできる。アクティビティー・ベースト・マネージメントによる管理が必要」と説明した。同氏はこれらについて「組織のパフォーマンスと戦略を管理する方法、測定、過程、ソフトウェア、システムを包括する」とまとめ、パフォーマンス・マネージメントの重要性をアピールした。



企業の成長の流れを示すスライド
企業の成長の流れ。戦略をうまく実行できなければ衰退していく

SAS Financial IntelligenceはKPI管理ソリューション“SAS Strategic Performance Management 2.0”と財務管理ソリューション“SAS Activity-Based Management 6.2”、予算・計画立案ソリューション“SAS Financial Management 4.0”の3つのソリューションから成り立つ統合ソリューション。これにはBI(Business Intelligence)ソフト製品群“SAS 9”の主要要素である、外部データの抽出/変換/読み込み、データウェアハウス、OLAP(Online Analytical Processing:オンライン分析処理)、統合情報ポータルなどの機能が利用される。これまで前記の各ソリューションを、バランス・スコアカード、ABC/M(活動基準原価計算/管理)、予算策定、分析ツールなど、個別に管理していたものを統合して管理できるようになるという。主な特徴は以下の通り。

  1. 将来の予測をサポートする分析機能
  2. 企業内のあらゆるデータへのアクセス
  3. 統一された共通言語(データ)による各階層への意思決定ツールの提供
  4. ビジネスの環境変化への柔軟性確保
  5. コンプライアンスへの対応
  6. 非定型プロセスと定型プロセスのサポート
SAS Financial Intelligenceの概要の全体像を示すスライド
SAS Financial Intelligenceの全体像

なお、同社では同ソリューション群をサポートする専任部隊を設置して対応するという。同社では、初年度15社以上の導入、2億円の売上を目指す。価格は各ソリューションごとに1500万前後となる。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン