このページの本文へ

シイガイズ、“100% SDIO Company”から“100% SD Solution Company”へ──SDメモリーカード事業参入を聞く!

2004年11月30日 20時34分更新

文● 編集部 新海宏一郎

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シイガイズ(株)は、転送速度が毎秒20MBの高速タイプのSDメモリーカードと、高速転送に対応したリーダー/ライターを発表した。同社では従来、SDIO機器の製品を中心に販売しており、今回初めてSDメモリーカードを発売した。これにより同社は、SDコントローラーチップからSDIO対応機器、SDIO開発ツールに、メモリーカード開発を加え、SD/SDIO総合開発/販売メーカーとなった。都内・六本木の同社本社を訪ねて、事業戦略などをうかがった。今回発表したSDメモリーカードと高速転送対応のリーダー/ライターについてはこちらの記事を参照。

代表取締役の浅井 剛氏と代表取締役社長の平山勝啓氏
代表取締役の浅井 剛氏(左)と代表取締役社長の平山勝啓氏
同社では、これまでSDIO開発支援ツール/SD/SDIOコントローラー/SDIO対応無線LANアダプター/SDIO対応FMラジオカード/SDIOドライバーソフト開発/販売と、SDIOに特化した事業を中心に行なっており、SDメモリーカードなどのメモリーカード関連事業は行っていなかった。今回のSDメモリーカード事業参入について、同社代表取締役社長の平山勝啓(ひらやまかつひろ)氏は

  1. 毎秒20MBの高速転送に対応したホストコントローラーチップ『CG200』の開発
  2. SDメモリーカードの大容量・低価格化
  3. 高速転送タイプへの世代交代の時期

とし、世代交代の時期に合わせてSDメモリーカード事業に参入したという。同氏は、「弊社では従来のSDIO事業にSDメモリーカード事業を加え、“100% SD Solution Company”としてSD関連製品を総合的に開発/販売するとともにSD/SDIO製品の発展に貢献していきたい」と抱負を語った。新事業の売り上げについては初年度約1~2億円で、社内全体の約10%ほどを占めたいという。また、2005年度の計画については、「より大容量のSDメモリーカードや、SDIO対応の高速無線LANアダプターを計画している」(代表取締役の浅井 剛氏)と説明した。



同社の事業構成
同社の事業構成

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン