このページの本文へ

シイガイズ、SDメモリーカードをIDEドライブに変換するアダプター“SD-MemoryDrive”など2製品を発表

2005年01月18日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

シイガイズ(株)は18日、SDメモリーカードをIDEドライブとして利用するための変換アダプター“SDメモリIDE変換アダプタ”として“SD-MemoryDrive”と、SDメモリーカードを同時に5枚までのSDメモリーカードにコピーするコピー機『SD-Dupli』の2製品を発表した。

“SD-MemoryDrive”と『SD-Dupli』
“SD-MemoryDrive”と『SD-Dupli』

“SD-MemoryDrive”は、IDE対応のHDDの代わりにSDメモリーカードを利用するためのアダプター。同社製のSD/SDIOホストコントローラー『CG200』を採用し、最大で毎秒20MBのデータ転送に対応したのが特徴。本体サイズは幅69.9×奥行き70.0×高さ9.7mm(HDD用の取り付け部品装着時)で、重量は23g。インターフェースは2.5インチHDD互換の44ピンヘッダーで、Ultra DMA mode3(Ultra ATA/44)に対応する。マスター/スレーブ切り替えジャンパーを装備する。シングルスロット対応の『SD-MemoryDrive I』(CG-SDMD101)とデュアルスロット対応の『SD-MemoryDrive II』(CG-SDMD201)の2モデルをラインアップする。1月末に販売開始の予定で、価格は、『SD-MemoryDrive I』が5200円、『SD-MemoryDrive II』が6980円。

『SD-Dupli』(CG-SDDP100)は、SDメモリーカードのコンテンツを同時に複数のSDメモリーカードにコピーするためのコピーマシン。最大で5枚のコピーが可能。実効スループットは最大毎秒20MBで、1GBのメディアを利用した場合のコピー時間は2分以下。同時高速消去や高速フォーマットも行なえる。エラー検出(CRC)をUltra DMAとSDプロトコルの両方で行なうため、信頼性も高いという。IDEインターフェースを利用してパソコンに接続すれば、パソコン上でSDメモリーカードのコンテンツの編集や作成が行なえるという。販売開始は3月末の予定。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン