このページの本文へ

  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurlに登録
  • StumbleUponに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • Facebookでシェア
  • Yahoo!ブックマークに登録
  • お気に入りに登録
  • 本文印刷

最強のSocket 478対応“Prescott”!Pentium 4-3.40EGHz発売!

2004年11月24日 20時44分更新

文● 増田

 今年2月に発表されたものの、長い間未発売となっていたSocket 478対応の“Prescott”コア搭載CPU、Pentium 4-3.40EGHzリテールパッケージが、本日登場した。

パッケージ
Socket 478対応の“Prescott”コア搭載CPU、Pentium 4-3.40EGHzリテールパッケージ
3.40E
“Northwood”コア搭載のPentium 4-3.40GHzと並び、Socket 478版CPUの最高クロックモデルとなる

 パッケージ側面のシールによると、仕様はFSB800MHz、2次キャッシュ1MB、最大動作電圧1.4V。同社のCPUとしては珍しく、正式発表から半年以上も経っての登場となったが、“Northwood”コア搭載のPentium 4-3.40GHzと並び、Socket 478版CPUの最高クロックモデルとなる。S-Specは“SL7E6”で、同社ウェブサイトの資料によるとコアステッピングは“D0”。ちなみに、S-Spec“SL7PP”の“E0”ステッピングモデルもラインナップされている。価格はフェイスで3万1970円、TWOTOP秋葉原本店で3万1980円、高速電脳で3万3800円となるほか、T-ZONE.PC DIY SHOPは明日から販売予定。すでに販売中のPentium 4-3.40GHz(Northwood)とほぼ同価格帯となるが、こちらは現在かなりの品薄状態が続いている。

側面のシール S-Spec
側面のシール。主な仕様はFSB800MHz、2次キャッシュ1MB、最大動作電圧1.4VS-Specは“SL7E6”で、同社ウェブサイトの資料によるとコアステッピングは“D0”
【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

ピックアップ