このページの本文へ

バーテックス リンク、米Sigma Designsのチップを搭載したHD対応マルチメディアプレーヤー『MediaWiz HD』を発売

2004年07月28日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)バーテックス リンクと米Sigma Designs社は28日、HD(High Definition:高精細)画像に対応したネットワーク型マルチメディアプレーヤー『MediaWiz HD(メディアウィズ エイチディー)』を発売すると発表した。7月末に法人向けサンプル出荷を開始し、8月下旬に量産出荷を開始する。価格はオープン。

本体前面 本体背面
本体前面本体背面
『MediaWiz HD』

『MediaWiz HD』(MW862XL)は、パソコンに保存されている動画や静止画をLAN経由でテレビに出力できるネットワーク対応のマルチメディアプレーヤー“MediaWiz”の第3世代に相当し、2月に販売を開始した『MediaWiz Plus』の上位機種となる。米Sigma Designsのデジタルメディアプロセッサー『EM8620L』を搭載し、MPEG-1/-2/-4(Advanced Simple Profile)、XviD、RMP4だけでなく“Windows Media Video 9 HD”に対応したほか、54Mbpsの無線LAN規格“IEEE 802.11g”に対応したのが特徴。これにより、高精細な画像の再生が可能になるとともに、無線LAN経由でDVDクオリティーの動画をストリーミング再生できるようになったという。オーディオデータは、MPEG Audio Layer 1/2、MP3、OGG、AC3、WMA、静止画は、JPEG、BMP、GIF、Animated GIF、PNGに対応する。

インターフェースは、コンポジットビデオ出力(RCA)、Sビデオ出力(ミニDIN)、コンポーネント出力(プログレッシブ対応)、DVI、ステレオオーディオ(L/R、RCA)、光デジタルオーディオ出力(S/PDIF、RCA)、10/100BASE-TX、USB 2.0などを装備する。無線LAN機能はMini PCIカードとして実装。本体サイズは幅268×奥行き175×高さ38mm、重量は782g(アンテナを含む)。対応機種は、Pentium III-1.0GHz以上(推奨)、256MB以上のメモリーを搭載し、OSとしてWindows XP/2000/Me/98 SEが必要。ネットワーク環境として、無線LANアクセスポイントまたはEthernetが必要。製品パッケージには、リモコン、ACアダプターが同梱される。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン