このページの本文へ

NTT Com、OCNホスティングサービスで“サイト内検索サービス”を開始

2004年07月06日 22時57分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)は6日、OCNホスティングサービスの有料オプションとして“サイト内検索サービス”を7日に開始すると発表した。これはOCNホスティングサービスを利用しているユーザーのウェブサイトに検索窓を用意し、サイト内で目的のキーワードを含むページを検索できるようにするサービス。

月額基本料金は、検索対象となるウェブサイトのページ数で異なり、基本コース(100ページ)で3150円、追加(20ページ)は630円。最大1000ページまで追加できる。基本工事料金は1050円。利用開始/コース変更(追加)も1050円、廃止は0円となる。対象となるOCNホスティングサービスは、“メール&ウェブPro(A、B、C、SA、SB)”、“メール&ウェブ(30、100、200)”。

利用イメージ
利用イメージ

同社では、サイト内検索サービスを利用することで、入力されたキーワードに該当する情報がない場合にページを追加したり、入力されるキーワードからサイトの訪問者の関心や傾向などの変化を読み取ってマーケティングに利用したりといったことが可能としている。なお、検索機能は、検索ポータルサイト“フレッシュアイ”を運営している(株)ニューズウォッチのASPサービスを利用しており、検索対象ページを指定する機能、検索結果画面のトップに指定する情報を表示させる“ずばリンク”機能などをカスタマイズして利用できるという。

提供するサービスを契約前に1ヵ月間無料で利用できる“トライアルサービス”も提供するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン