このページの本文へ

【PHOTOEXPO 2004 Vol.4】マジシャンのトリックを毎秒3.3コマの連写で見破る!――京セラブース

2004年03月20日 22時50分更新

文● 編集部 伊藤咲子

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
KYOCERA Finecam SL400R
KYOCERA Finecam SL400R

京セラ(株)ブースでは、『KYOCERA Finecam SL300R』『KYOCERA Finecam SL400R』の連写機能の体験イベントを行なっていた。これは、プロマジシャンの“都々(とと)”氏が披露するトランプやコインを使ったマジックを見ながら、マジックの“たね”を仕込む決定的瞬間を撮影しようというもの。京セラ以外のメーカーのカメラでも参加できるが、毎秒最大3.5コマ(SL400Rは3.3コマ)の連写がメモリーカードの容量がいっぱいになるまで行なえるSL300R/SL400Rで撮影した方が、決定的瞬間をとらえる確率は高くなる。

さて、記者もSL400Rで撮影にチャレンジしたが、「マジックは“手業”なんで、IT技術には負けます。なので、“口先き”でカバーするんですね」(都々氏)というように、都々氏の軽快なおしゃべりによって、焦点を合わせるポイントとタイミングがなかなかわからない。それでも、ステージをとおして唯一、燃える布の中からステッキがパッと出現するマジックで、トリックが見える瞬間を撮影することができた。



炎からステッキが出現1 炎からステッキが出現2 炎からステッキが出現3
炎からステッキが出現4 炎からステッキが出現5 炎からステッキが出現6
全てSL400Rで連写機能を使って撮影(2272×1704ドットで撮影した写真を640×480ドットにリサイズ)。都々氏がライターで布に火を付け、炎の中からステッキが出現する! どの写真が“決定的瞬間”なのかは、探してみて欲しい

都々氏のステージは1時間に1回で、ステージが終わると、次の回が始まるまではコンパニオンと、コンパニオンの足元に並べられた電動の犬のおもちゃ(ぬいぐるみ)を撮影できる。コンパニオンにカメラを向けたいところだが、京セラブースでは主役は犬のおもちゃのほう。「ときどき宙返りをするので、連写機能で撮影してほしい」(京セラ)という。

SL400Rを持つコンパニオン 犬のおもちゃ
SL400Rを持つコンパニオンコンパニオンの足元で動く犬のおもちゃ。ときどき宙返りをする
SL300R/SL400Rを京セラブースに持参すると、毎日先着40名に、デザイナーがエアブラシで作成したオリジナルプレートがもらえる

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン