このページの本文へ

日本オラクル、TRONに対応した超小型DB『Oracle Lite for T-Engine』を開発

2003年12月01日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本オラクル(株)は1日、国産OS“TRON”を基盤とする開発/実行環境“T-Engine”(ティ・エンジン)”に対応した超小型版データベース『Oracle Lite for T-Engine』を開発したと発表した。これは、今後T-Engineが、携帯端末だけでなく、自動車や家電にもデータベースが搭載されることを見込んで、本格的に取り組むもの。

『Oracle Lite for T-Engine』のベースとなる小型データベースは同社がWindowsとPocket PC向けに提供しているモバイル向けの『Oracle Lite』。同ソフトを利用すれば、“T-Engine”を採用した携帯端末や家電機器にデータベース機能を搭載できるほか、データベースサーバーと連携させることも可能。

同社では、今後、『Oracle Lite for T-Engine』の製品化を目指すとともに、無線ICタグや位置情報サービス、モバイルソリューションなどとからめ、ユビキタスコンピューティングの実現に注力するとしている。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン