このページの本文へ

ATI純正リテール版“RADEON 9600XT”カードが発売!

2003年11月25日 20時06分更新

文● 水野

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ATIリテール「RADEON 9600XT」

 今週初め、連休ど真ん中の23日(日)より、“RADEON 9600XT”ATI純正リテール版の販売が始まっている。“RADEON 9800XT”では最も早く発売されたリテール版だが、“RADEON 9600XT”ではなかなか登場してこなかったもので、やきもきしていたファンにとっては待望の製品と言えよう。なお、日本法人のATIテクノロジーズジャパンは国内リテール版の取り扱いから撤退しているため、当然ながら発売されたのは英語リテール版である。



カード本体 メモリチップ
カード本体。クーラーはやや大型のものメモリチップはGPUスペックぴったりの3.3ns品

 カード本体のレイアウトはすでに発売されているSapphire版と同様であるものの、赤い基板とやや大型のクーラーが目に付くところ。またメモリチップは同じくSAMSUNG製だが、Sapphire版が350MHz(DDR 700MHz)動作が可能な2.86ns品であったのに対し、今回のATI版では300MHz(DDR 600MHz)の3.3ns品。メモリクロック600MHzという“RADEON 9600XT”のスペックとぴったり一致するものとなっている。
 インターフェイスはD-Sub、DVI、TV-Out。「Half-Life 2」のフリーダウンロードチケットももちろん付属。価格は高速電脳で2万3800円(完売)、クレバリー1号店で2万4499円、TSUKUMO eX.で2万4799円、OVERTOPで2万4953円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ