このページの本文へ

AOSテクノロジーズ、ウェブカメラ付インターネット自動給餌器『iSeePet2004(Ver.2.0)』の販売を開始

2003年11月04日 22時53分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

AOSテクノロジーズ(株)は4日、インターネットを利用して外出先のパソコンや携帯電話機からペットの様子を確認し、遠隔操作で餌を与えることが可能なウェブカメラ付き自動給餌器『iSeePet2004(Ver.2.0)』の販売を22日に開始すると発表した。併せて、(株)エヌ・ティ・ティ エムイーがマルチメディア製品のラインアップ“ME Global WAVE”に追加し、同日付けで販売を開始することも発表した。価格はオープン。実勢価格で6万円程度を想定しているという。

図1
接続イメージ

『iSeePet2004(Ver.2.0)』は、AOSテクノロジーズ(旧(株)アルファ・オメガソフト)が2002年11月に発表した『iSeePet』の改良モデルに相当する製品。従来モデルのユーザーからの要望を反映し、衛生面と安全面を改良したのが特徴。衛生面では、餌箱の容量を600gから700gに増やし、取り外して洗浄できるようにしたほか、利用できる餌のサイズを5~7mmから5~10mmに大きくした。ペットに与える餌の量も遠隔から8段階で調節できるようになったという。安全面では、餌を入れるときなど上蓋が開いている場合は機器が動作しないようにしたほか、インターネット接続ケーブルと給電ケーブルを1本に集約し、保護チューブでガードするようにした。

図2
9パターンのカラーリングにも対応可能

ボディーカラーは“パープルシルバー”のみだが、ユーザーの好みのデザイン(オレンジ/ブルー/ホワイトを基調にした9パターン)に変更するサービスもNTT-MEが提供するという。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン