このページの本文へ

“RADEON 9800XT”カード続々デビュー!玄人志向は6万円割れ!!

2003年10月22日 22時09分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
玄人
「RD98XT-A256C」は6万円を切っての登場

 先週、いきなり英語版純正リテールパッケージでデビューを飾った“RADEON 9800XT”搭載ビデオカードだが、続々と他社製品が発売されている。本日発売を確認したのは、ASUSTeK(別記事にて紹介)、Sapphire、玄人志向の3製品。中でも玄人志向製品は、なんと6万円を切っての登場となっている。



本体 用紙
見た感じでは純正リテールパッケージと同じに見えるが…ドライバCDとクーポン券は後日郵送という形になるようだ

 毎回、その価格設定に驚かされる玄人志向ブランドの製品だが、今回発売された「RD98XT-A256C」も例外ではなかった。先週発売された英語版純正リテールパッケージの実売価格は約6万7800円~7万2800円(現在は完売状態)。それに対して今回の製品は、カクタソフマップで5万9799円、クレバリー1号店で5万9999円と1万円近くも安い。また、従来台湾系サードパーティ製のOEM供給を受けることの多い同社製ビデオカードだが、今回は見た限りでは英語版純正リテールパッケージに入っていた物と同じようだ。
 ただし、パッケージには本来付属するはずのドライバCDと「Half-Life 2」のクーポン券が同梱されていない。添付の用紙には「出荷に間に合わなかったため、ユーザー登録して頂ければ後日ドライバCDとクーポン券をお送りします」と書かれており、ドライバのダウンロード方法も同じく記載されている。なお同製品は販売店、流通量ともに極めて少なく、容易に購入できるようになるにはしばらくかかるだろう。



Sapphire

 同時に発売されたSapphire製のバルク版だが、こちらも大型の冷却ファンを搭載するなど、ATI製とほぼ同じといえるデザインだ。ただしこちらも前述の玄人志向同様、ドライバCDが付属していない。現在販売をしているクレバリー1号店(価格6万4999円)によると、「各自でメーカーサイトからダウンロードしてもらう事になる」とのこと。もちろんドライバCDは本来付属するはずなのだが、そちらは明日代理店より到着する予定で、明日より販売される分はにドライバが付属するとのこと。なおこのSapphire製のバルク版については、複数ショップが明日入荷予定としている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ