このページの本文へ

ソニーマーケティング、スタイリッシュなデザインの液晶ディスプレー『SDM-HX93/BK』など2製品を“ソニースタイル”で発売

2003年10月09日 00時00分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ソニーマーケティング(株)は9日、オンライン販売サイト“ソニースタイル”において、スタイリッシュなデザインを採用した液晶ディスプレーの新製品“HXシリーズ”として、19インチの『SDM-HX93/BK』と17インチの『SDM-HX73/BK』の2製品を27日に発売すると発表した。価格は、『SDM-HX93/BK』が10万8000円、『SDM-HX73/BK』が6万9800円。同日より先行予約エントリーを受け付ける。

『SDM-HX93/BK』『SDM-HX93/BK』

『SDM-HX93/BK』と『SDM-HX73/BK』は、6月に限定販売した“HSシリーズ”に続く製品で、すでに米国で販売されているモデル。筐体にディスプレーが浮かんでいるように見える“フローティングデザイン”を採用したほか、カラーをブラックにしたのが特徴。“SRS WOWテクノロジー”により音質を向上させたステレオスピーカー(3W×2)を搭載する。

『SDM-HX93/BK』は、輝度が450cd/m2、コントラスト比は800:1。視野角は上下/左右170度、応答時間は10ミリ秒(白→黒)/15ミリ秒(黒→白)。解像度は1280×1024ドットで約1670万色の表示が可能。入力はアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)×2とデジタル(DVI-D)×1を装備する。水平同期周波数はアナログが28k~80kHz、デジタルが28k~64kHz、垂直同期周波数はアナログが48~75Hz、デジタルが60Hz。本体サイズは幅466.5×奥行き265×高さ468mm、重量は約8.5kg。チルトは-5度から20度まで。スライド式リアカバーを採用しており、背面のコードを収納できるようになっている。電源はAC100V。消費電力は最大50W(アクティブオフでは最大1W)。節電に対応したECOモード(GAME/MOVIE/PC/AUTO)をワンタッチで切り替えられる。

『SDM-HX73/BK』は、17インチモデルで、輝度が400cd/m2、コントラスト比は500:1。視野角は上下/左右160度、応答時間は5ミリ秒(白→黒)/11ミリ秒(黒→白)。解像度は1280×1024ドットで約1620万色の表示が可能。入力はアナログRGB(ミニD-Sub15ピン)×2とデジタル(DVI-D)×1を装備する。水平同期周波数はアナログが28k~80kHz、デジタルが28k~64kHz、垂直同期周波数はアナログが48~75Hz、デジタルが60Hz。本体サイズは幅414.0×奥行き232.0×高さ418.5mm、重量は約6.5kg。チルトは-5度から20度まで。スライド式リアカバーを採用しており、背面のコードを収納できるようになっている。電源はAC100V。消費電力は最大50W(アクティブオフでは最大1W)。節電に対応したECOモード(GAME/MOVIE/PC/AUTO)をワンタッチで切り替えられる。

同時に“バイオRZ”ソニースタイルモデル(PCV-RZ73CP、PCV-RZ63C)と“バイオHS”ソニースタイルモデル(PCV-HS23B)とのセット販売も開始する予定。価格は、バイオRZモデルが14万6300円から、バイオHSモデルが14万4800円から。セットモデルはエントリーは必要ない。11月上旬から順次出荷を開始する。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン