このページの本文へ

AGP/PCIカード両対応の“パルスカットBOX”「PG-EPA2」がジャパンバリューから

2003年10月03日 22時58分更新

文● 増田

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PG-EPA2
パルスカットBOX「PG-EPA2」

 ジャパンバリューから、AGP/PCIカード両対応の“パルスカットBOX”「PG-EPA2」が発売された。この製品は、以前同社から発売されたAGPビデオカード用の「PG-EPA」の改良版にあたる製品だ。



アルミ板 アルミ板
アルミ板は“電磁波シールド材”や“高性能電磁波吸収ゲル”を装着しているようだ
使用例
実際の効果のほどが気になるところ

 一見ただのアルミの箱のようにも見えるこの製品。AGPやPCIスロットに挿す拡張カードを覆うように取りつけることで、電磁波からカードを守り、ビデオカードやキャプチャカードなどの画質向上を目指すという。コの字型になったアルミ板は上下が2重構造になっており、“電磁波シールド材”や“高性能電磁波吸収ゲル”を2枚のアルミ板の間に挟み込んでいるようだ。外側に出るブラケット部分には通風孔も備えている。
 取りつけ時に直下のPCIスロットをひとつ埋めてしまう点は以前のモデルと同じだが、新たな改良点としてPCIスロットが無い場合の補助ステイも付属している。ただし近くにコンデンサ(PCIスロットとコンデンサも間が1mm以上空いてないとダメ)などがあるマザーボードには、取りつけられない場合があるので注意が必要。また使用するカードのサイズにも制限があるので、とくに最近巨大化が進むビデオカードなどに取りつけようと考えているユーザーは確認したほうがよいだろう。価格はOVERTOPで6880円、高速電脳とCUSTOMで6980円となっている。



【関連記事】
【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール アキバマガジン

クルマ情報byASCII

ピックアップ