このページの本文へ

IIJ、第三者割当増資で約120億円を調達――NTTグループなどが引き受け

2003年08月28日 20時54分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

(株)インターネットイニシアティブは28日、第三者割当による新株式を発行し、総額約120億円を調達すると発表した。これにより同社は、財務基盤を強化する。

新株式の発行は、同日付けで開催した取締役会で決議したもので、普通株式の1万2615株(1株の時価95万1300円)を発行し、総額約120億円を調達する予定。資本組み入れ額は約60億円。割り当て先は、日本電信電話(株)とエヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ(株)のNTTグループ、伊藤忠商事(株)、住友商事(株)などの予定。払込期日は9月16日。

同社は、37.9%を出資している持分法適用関連会社の(株)クロスウェイブ コミュニケーションズ(およびその子会社2社)が20付けで会社更生手続開始の申し立てを行なっており、財務的影響を受けるため、財務基盤の強化を必要としていた。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン