このページの本文へ

日本IBM、Opteron搭載1Uラックマウントサーバー『IBM eServer 325』を発売

2003年07月30日 20時08分更新

文● 編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

日本アイ・ビー・エム(株)は30日、HPC(ハイ・パフォーマンス・コンピューティング)や分散コンピューティング市場向けのサーバーとして、米Advanced Micro Devices(AMD)社の64bitプロセッサー“Opteron”を同社で初めて採用した『IBM eServer 325』2モデルを発売すると発表した。8月6日に販売を開始し、10月18日に出荷を開始する。価格は39万8000円から。

『IBM eServer 325』
『IBM eServer 325』

『IBM eServer 325』は、クラスター化に対応できるように設計した1Uラックマウントサイズのデュアルプロセッサー対応サーバー。チップセットにAMD-8131&8111を採用し、Opteron 246-2.0GHz/240-1.4GHzを最大2個搭載できる。メモリーはPC2700準拠の“Chipkill”ECC DDR SDRAMを標準で1GB(最大12GB)搭載する。HDD(Ultra320 SCSI、RAID 1対応)は最大293.6GBを搭載可能。3.5インチFDD(2モード)と24倍速CD-ROMドライブも搭載する。グラフィックスチップはATI RAGE XL(8MB)。インターフェースは10/100/1000BASE-T×2、USB 2.0×4、システム管理ポートを装備し、拡張スロットは64bit/100MHz PCI-Xスロット×2を装備する。電源障害(停電など)からサーバーを自動再起動できるオートリスタート機能付きの電源ユニット(出力411W)を内蔵する。消費電力は最大400W(平均120W)。本体サイズは幅439.9×奥行き653.3×高さ43.7mm、重量は1.8kg(最小構成)。

OSは、SuSE Linux Server 8 AMD64、Turbolinux 8 AMD64、 Red Hat Linux Advanced Server 2.1/3.0、Windows Server 2003, Enterprise Editionなどを予定しており、Linux対応のRDBMS『DB2 ユニバーサル・データベース(DB2 Universal Database for AMD Opteron)』も提供する予定。

価格は、『IBM eServer 325 8835-21X』(Opteron 240搭載モデル)が39万8000円、『IBM eServer 325 8835-51X』(Opteron 246搭載モデル)が49万8000円。同社では、2004年には、ワークステーション“IntelliStation”にOpteronを搭載し、HPC分野向けに提供する予定としている。

同社では併せて、独立行政法人の産業技術総合研究所が構築を進めているクラスターシステム向けに、『IBM eServer 325』を1058台(プロセッサー数2116)を納入することも発表した。クラスターシステムは計2636プロセッサーで構成され、OSにはLinuxを採用し、約11TFLOPS(テラフロップス)の演算処理能力を持つ予定という。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン