このページの本文へ

RD-XS40

RD-XS40

2003年07月22日 11時15分更新

文● 笹川 達也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

RD-XS40

東芝

オープンプライス(実売価格:12万8000円)

AV機器として登場したDVD+HDDハイブリッドレコーダだが、東芝のRD-XS40はPCとの連携が可能。細やかな録画設定や強力な編集機能でマニア層に支持されている人気機種だ。

この記事は、月刊アスキー 2003年3月号の「特集1 いつでも録画、どこでも試聴 ホームサーバで超快適AV環境を作る」から転載したものです。

PCとの連携で使い勝手抜群!
メールでの予約も可

PCとRD-XS40の接続例
図 PCとRD-XS40の接続例
PCのホームAVサーバ化計画
ASCII24特別企画「アナタにもできるPC使いこなし講座 第1回:PCのホームAVサーバ化計画」。写真をクリックすると当該記事に移動します。
ホームサーバで超快適AV環境を作る
【特別企画】いつでも録画、どこでも試聴「ホームサーバで超快適AV環境を作る」レビュー。
HDDレコーダ+PCで快適なAV環境を!
【特別企画】「HDDレコーダ+PCで快適なAV環境を!」レビュー。
RD-XS40
家電&PCの使い勝手を持つ最強レコーダ 東芝「RD-XS40」レビュー。

 これまでDVD-RAMレコーダといえば、単体のAV機器としてTVとつながれている家電機器としての使い方がメインで、PCとの連携という考え方は稀薄だった。確かに、録画済みのDVD-RAMメディアをPC用のDVD-RAMドライブにセットし、専用ソフトを使ってタイトル(番組名)を入力したり、簡単なCMカットなどの編集や動画の抜き出しなどは従来からできたが、あくまでもPCからビデオ録画したDVD-RAMメディアを扱えるだけで、ハードウェアとしてDVDレコーダがPCと直接つながる製品はこれまでなかった。このRD-XS40では、ついに本体にLAN端子を装備し、PCはもちろんのことインターネットにダイレクトに接続可能な「ネット家電」へと大きく進化した。

 まず従来のDVDレコーダのユーザーから見てもっともうれしいのが、番組予約や、HDDやDVD上に録画したタイトル入力がPCからできるようになった点だ。今までの使いづらいリモコン操作で文字入力をしているのと比べて、タイトル入力にかかる手間は10分の1以下になった感がある(画面)。また、インターネット上のiEPGサイト(2つまで登録可)にアクセスして、サイト上で録画予約することも可能だ。この場合、ブラウザ上には「http://rd-xs40/@@@@@@(iPEGサイトのURL)」と表示され、RD-XS40自身が一種のプロキシとして動作して、ユーザーのiEPGボタンのクリックをトラップする仕組みとなっている。そのほかPOP3/SMTPクライアントの機能も持っており、メールでの番組予約も可能だ。



RD-XS40の「ネットdeナビ」画面
画面 RD-XS40の「ネットdeナビ」画面。RD-XS40はWebサーバとして機能し、ブラウザを通して操作を行う。PCに特別なソフトをインストールする必要はない。当然、ADSLなど常時接続環境でルータなどを適切に設定すれば、会社などの外出先からの録画予約など各種操作が可能だ。画面は、録画済みのタイトルをサムネイル表示しているところ。

 便利とはいえPC上でできることに制限もある。例えば「ネットdeナビ」画面でサムネイルを表示しながら特定のタイトルを削除することができるが、動画をPCの画面に表示しながら録画タイトルのサムネイルを変更したり、チャプターを追加するといった編集操作はできない(パソコン上の「ソフトリモコン」を使って、TV画面を見ながら本体を操作すれば可能だが)。また録画したデータをPC上に吸い上げることもできない。RD-XS40では、あくまでTV+本体の視聴環境が主体であり、PCは使いやすくするための周辺デバイスといった位置づけだ。

RD-XS40の背面
写真 RD-XS40の背面。

 だが、PCにDVD-RAMドライブやビデオキャプチャカード、オーサリングソフト、再生ソフトなどを苦労してインストールしても、RD-XS40に相当する環境を作ることは難しいだろう。やはりそれ自身で完結したAV機器は、不安定なPCと比べて抜群の安心感がある。PC上での動画再生にこだわらず、自宅のTVでじっくり番組を視聴するという目的であれば、RD-XS40はいま一番理想に近い製品であるといえる。

PRICE LIST 見積り書

(1) 有線LANで接続する場合

    RD-XS40
    (クロスEthernetケーブル付属 3m)
    約13万円
    合計
    約13万円

(2) 無線LANで接続する場合(すでに無線導入済みの場合)

    RD-XS40
    約13万円
    無線LAN Ethernet変換コンバータ
    約1万2000円
    合計
    約14万2000円
RD-XS40の主なスペック
製品名 RD-XS40
記録メディア 内蔵HDD:120GB
DVD-RAM:片面4.7GB/両面9.4GB/片面1.4GB/両面2.8GB
DVD-R:片面4.7GB
記録時間 内蔵HDD:SP 約52時間/LP 約103時間
DVD:9.4GB両面でSP 約4時間/LP 約8時間
ダビング機能 高速(HDD⇔DVD-RAM)、レート変換、一括
予約機能 iEPG/PCメール/携帯メール
サイズ(W×D×H) 400×350×70mm
重量 約5.4kg

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン